「楽天マガジン」、パソコンの大画面でも電子雑誌を閲覧できる「Webリーダー」機能を追加

- 未加入者向けに試し読み可能な「立ち読み機能」も導入 -

楽天株式会社は本日、200誌以上の雑誌が読み放題の定額サービス「楽天マガジン」において、ウェブサイト上で電子雑誌を閲覧できる新機能「Webリーダー」を追加しました。

 

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)は本日、200誌以上の雑誌が読み放題の定額サービス「楽天マガジン」において、ウェブサイト上で電子雑誌を閲覧できる新機能「Webリーダー」(注1)を追加しました。これによりユーザーは、スマートフォンにデータを保存することなく、パソコンやスマートフォンのブラウザなどから、電子雑誌を閲覧できるようになりました。

 「Webリーダー」は、「楽天マガジン」のユーザーから数多くの要望が寄せられた「パソコンでも閲覧できるようにしてほしい」という声を受けて開発されました。パソコンなどの大画面でも閲覧できるようになるため、より読みやすくなります。また、専用アプリから雑誌を閲覧する場合、閲覧端末に雑誌データが自動保存されていましたが、本機能によりインターネット接続環境があれば閲覧できるようになるため、端末の空き容量を気にすることなく快適に読書を楽しめます。

 さらに、「楽天マガジン」で取り扱う一部タイトルを対象に、ウェブサイト上でコンテンツの一部を閲覧できる「立ち読み機能」を、本日から追加しました。同サービスの未加入者でも、提供雑誌の試し読みや「Webリーダー」機能の操作を体験することができます(注2)。

 「楽天マガジン」では今後も、雑誌閲覧スタイルの選択肢を拡充することで、さらなる読書の楽しさをユーザーに提供してまいります。

(注1) 12月20日時点でバックナンバーに該当する電子雑誌については閲覧できません。

(注2) 「立ち読み機能」はアプリには搭載されていません。

※「Webリーダー」イメージ画像※「Webリーダー」イメージ画像

 

※「立ち読み機能」イメージ画像※「立ち読み機能」イメージ画像


■「楽天マガジン」
「楽天マガジン」は、ファッションやビジネス、グルメ・トラベル、スポーツ・アウトドア、趣味・娯楽など、11ジャンル200誌以上の電子雑誌が定額で読み放題となるサービスです。利用料金は、月額・税抜380円(税込410円)、年額・税抜3,600円(税込3,888円)の2種類で、初回のサービス申し込みに限り、申込日から31日間は無料で利用可能です(注3)。 iOSまたはAndroid™の専用アプリやウェブサイトから閲覧できます。

(注3)申込日から31日間に解約しない場合、自動更新(課金)されます。

以 上

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天株式会社 >
  3. 「楽天マガジン」、パソコンの大画面でも電子雑誌を閲覧できる「Webリーダー」機能を追加