TIS テレワーク・デイズ2019に特別協力団体として今年も参加

働き方改革の推進に向け、全社員対象にテレワーク利用を促進!

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下TIS)は、「テレワーク・デイズ2019」に特別協力団体として参加し、コア日である2019年7月24日には1000人以上の社員がテレワーク参加することを目指します。
テレワーク・デイズは、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府と東京都および関連団体と連携し2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて、2017年より働き方改革を推進している国民運動です。
特に今年は2020年東京大会前の本番テストとして、2019年7月22日~9月6日の約1ヶ月間をテレワーク・デイズ2019実施期間と設定し、5日間以上の実施を呼びかけています。

■TISのテレワーク・デイズ参加目的と取り組み
TISでは、社員が自ら働く場所と時間を選択することで、パフォーマンスを最大限に発揮し、成果の質とスピードの向上、オーバヘッドの削減を目指し働き方改革を推進しています。
2019年4月からは終日テレワークを主とする「テレワーカー」というワークスタイルを新設し、フレックスとテレワークを組み合わせ、より柔軟で多様な働き方を促進する制度・環境を整えています。
昨年のテレワーク・デイズでの実績が認められ、テレワークの導入・活用を進めている企業として、総務省が実施する「テレワーク先駆者百選」にも選定されました。

 今回のテレワーク・デイズでは、東京オリンピックパラリンピック競技大会に向けた協力準備に加えて、昨今多発している災害における業務継続性(BCP)への対応を目的とし、場所に依存しない業務プロセスの変革についても、組織単位での取り組みを実施します。
参加方式については、TISインテックグループ内の他拠点(グループ会社のオフィスなど)活用、フレックスや時差勤務の活用、休暇(年次有給休暇やボランティア休暇等)取得奨励、集中討議や研修会などの地方開催(脱東京)など、多岐にわたる施策にチャレンジします。

<TISのテレワーク・デイズ実施概要>
実施期間
 2019年7月22日(月)~8月30日(金) [コア日:7月24日(水)]
参加目的
 ①多様な働き方を可能にする業務プロセスの見直し
 ②オリンピックへの協力準備
 ③業務継続性(BCP)の検討
実施方針
 2020年東京五輪を見据え、場所に依存しない働き方を促進する。
目標
 コア日参加人数 :1,000人以上

TISでは、多様な社員一人ひとりの成長と会社の持続的な発展を実現する『働きがいの高い会社』を目指し、社員による制度活用の促進や新たな施策を推進し、さらに社員が働きやすい環境づくりを進めていきます。

【参考】  

TIS株式会社について
TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

【本件に関するお問合わせ先】
TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 浄土寺/橋田
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TISインテックグループ >
  3. TIS テレワーク・デイズ2019に特別協力団体として今年も参加