「THE世界大学ランキング 日本版2018」発表

~第2回 日本版大学ランキング発表と結果分析~

 「世界大学ランキング」で権威のある英国の教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(以下、THE)を有するTES Globalは、国内総合パートナーであるベネッセグループの協力のもと、大学の教学改革やグローバル化の推進に向けて、このたび第2回となる「THE世界大学ランキング 日本版2018」を発表いたします。
 世界版ランキングでは「研究力」を軸に据えていますが、日本版ランキングは、日本の教育事情に、より即した形で大学の魅力や特性が表れるように、大学の「教育力」を測る設計となっています。
 昨年に続き、日本版ランキングの指標は「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4分野13項目で構成されています。既存の大学ランキングは、主に入学時の学力を軸に作成されていますが、本ランキングは学生の学びの質や成長性に焦点を当て、総合150位までの大学のランキングを作成しております。
 今年度の変更点は、ランキング指標において、国際性の充実を図る目的で、新たに2つの項目(日本人学生の留学比率、外国語で行われている講座の比率)が追加となり、国際性分野の割合が4%増加しております。それに伴い、教育リソースの2項目(学生一人あたりの資金、教員一人あたりの競争的資金獲得数)の割合がそれぞれ2%減少しております。また、より教育力を評価する目的で、教育成果(企業人事・研究者の評判調査)の割合が均等化しております。

THE世界大学ランキング 日本版2018 【ランキング指標】※括弧内は昨年度の%です。

 現在、日本国内では高等教育に関する3つの改革、「高大接続改革」「大学教育改革」「大学経営改革」が進められています。このような中、大学では経営・教育へのPDCAサイクルの導入とデータ収集・分析を行うIRの活用などが、ますます必要になります。TES Globalおよびベネッセグループは、大学ランキングを、順位そのものにとどめることなく、大学独自の魅力や特性を客観的に把握するツールとして、大学改革でのプロセスで活用いただきたいと考えました。国内の18歳人口が減少する中で、世界中の大学進学希望者に日本の大学の魅力を多様な側面から伝えていくことは非常に重要だと考えています。今後、日本版ランキングを、多くの関係者の皆さまと、改善を重ねながら育てていく所存です。日本の大学の教育改革のひとつの指標となるとともに、国内外の学生の大学選びの一助になれば幸いです。

THE世界大学ランキング 日本版2018 【総合順位】(150位までの大学のうち50位まで抜粋)

 



THE世界大学ランキング 日本版2018 【分野別順位】(150位までの大学のうち20位まで抜粋)


THE世界大学ランキング 日本版2018【補足説明】


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ベネッセホールディングス >
  3. 「THE世界大学ランキング 日本版2018」発表