「十二国記」2023年版カレンダー、新潮ショップにて予約受付開始!

シリーズ30周年の歴史を辿るイラストの数々を収録したカレンダーが、9月26日に発売開始。山田章博先生の美麗イラストを大判サイズでお楽しみ頂けます。

「十二国記」シリーズ絵師・山田章博先生のイラストをA3サイズで楽しめる、壁掛け・リング式カレンダーの予約が新潮社公式ECサイト「新潮ショップ」にて開始となりました。
シリーズ30周年の歴史を辿るイラストの数々を収録しております。
2023年を、山田章博先生の美麗イラストとともに。
小野不由美先生による大人気シリーズ「十二国記」30周年の歴史を辿るイラストの数々を収録したカレンダーが2022年9月26日に発売となります。
大きな話題を呼んだ「芸術新潮」2022年6月号表紙や、人気キャラクターが勢ぞろいした「十二国記」画集〈第一集〉『久遠の庭』目次イラストなどを収録しました。

新潮社ECサイト「新潮ショップ」では8月1日より予約受付を開始いたします。
全国の書店店頭でもご予約受付中です。
A3サイズ、8枚(表紙、裏表紙含む)、壁掛け・リング式の商品です。
・新潮ショップ:https://www.shincho-shop.jp/store/top.aspx
・「十二国記」公式サイト:https://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/

【中面一部紹介】
〈表紙〉「芸術新潮」2022年6月号表紙に、タイトルを箔押しいたしました。


〈1・2月〉


【収録イラスト】
〈1・2月〉「十二国記」公式サイト 2021年「十二国記」の日プレゼント
〈3・4月〉「芸術新潮」2022年6月号表紙
〈5・6月〉CDブック『東の海神 西の滄海』ブックレット表紙
〈7・8月〉ゲーム『十二国記 赫々たる王道 紅緑の羽化』ジャケット
〈9・10月〉「十二国記」画集〈第一集〉『久遠の庭』目次
〈11・12月〉『魔性の子』(1991年)装画


■著者紹介
山田章博
1957年高知県生まれ、京都府在住。漫画家、イラストレーター。1981年、『ぱだんぱだん』で漫画家デビュー。代表作は、『BEAST of EAST~東方眩暈録~』、『ロードス島戦記~ファリスの聖女~』など。イラストレーターとしても、多くの装画・挿絵を手掛けており、「十二国記」シリーズは30年にわたる代表作。その他、ゲーム、アニメのキャラクター原案、映画のコンセプトデザイン等も手掛ける。1996年、第27回星雲賞(アート部門)受賞。

小野不由美
大分県中津市生まれ。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に在籍。1988年ジュニア小説でデビュー。1991年刊行の『魔性の子』にはじまる「十二国記」シリーズは代表作となる。1993年、『東亰異聞』が日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、話題を呼ぶ。2013年、『残穢』で山本周五郎賞受賞。その他、「ゴーストハント」シリーズ、『屍鬼』『黒祠の島』『鬼談百景』『営繕かるかや怪異譚』など、ファンタジー、ホラーのジャンルで活躍を続ける。


■十二国記カレンダー 2023
【絵:山田章博、原作:小野不由美】
【ISBN】978-4-10-899185-9
【発売日】9月26日
【本体価格】1800円(税別)
【URL】https://www.shincho-shop.jp/store/ProductDetail.aspx?pcd=JU0004200
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潮社 >
  3. 「十二国記」2023年版カレンダー、新潮ショップにて予約受付開始!