プロ野球イースタン・リーグ公式戦「北海道日本ハムファイターズ」vs「読売ジャイアンツ」を茨城、千葉、東京、札幌の「J:COMチャンネル」で生中継

「北海道×茨城県プロジェクト」の一環として、今年で2年目の開催 (6月24日(日) 試合会場:「J:COMスタジアム土浦」)


土浦ケーブルテレビ株式会社を中心としたJ:COMグループ15社は、2018年6月24日(日)、J:COMスタジアム土浦(川口運動公園野球場)で開催される、プロ野球イースタン・リーグ公式戦「北海道日本ハムファイターズ」vs「読売ジャイアンツ」の試合を「J:COMチャンネル」(地上デジタル11ch)で生中継いたします。


この試合は、「北海道日本ハムファイターズ」と茨城県西南地域において筑波大学発のベンチャー株式会社Waisportsジャパンおよび筑波大学リサーチユニット「スポーツ環境デザイン」が共同で行っている、産学官民連携によるスポーツを通じたエリアマネジメントプロジェクト(「北海道×茨城県プロジェクト」)の一環として開催するもので、今年で2年目。試合当日は、各種イベントや飲食ブースなど、試合観戦以外にもお楽しみいただけるさまざまな企画が予定されています。会場となるJ:COMスタジアム土浦は、土浦ケーブルテレビ株式会社が2017年4月にネーミングライツ(施設命名権)を取得し、少年野球や高校野球の地方大会など、数多くの試合が開催され、市民の皆さまに大変親しまれていることから、このたび同試合をJ:COMのコミュニティチャンネルで放送する運びとなりました。実況は、自身も甲子園にエースとして出場しベスト4、CSスポーツチャンネル「GAORA」でも実況実績のある俳優・伊藤毅さん、解説に芝草宇宙さん(野球解説者、元北海道日本ハムファイターズ)が登場。試合が開催される茨城県、対戦チームの本拠地である札幌市、東京都、さらに「北海道日本ハムファイターズ」のファーム(二軍)の本拠地である千葉県のJ:COMサービスエリア、約513万世帯でご視聴いただけます。

地域密着の事業展開を行うJ:COMグループ各社は、地域間交流を深めて茨城県と北海道の架け橋となることを目指す「北海道×茨城県プロジェクト」の意義に賛同するとともに、地域の皆さまに愛される魅力あるコンテンツの提供に努めてまいります。


<概要:生中継>
◆番組名
ファーム公式戦 イースタン・リーグ
北海道日本ハムファイターズ VS 読売ジャイアンツ

◆放送時間
2018年6月24日(日)12:55~16:00


◆放送チャンネル
「J:COMチャンネル」 (地デジ11ch)
※視聴可能世帯数:約513万世帯(2018年4月末時点)
※「J:COM」の有料サービスの加入・未加入を問わず、「J:COM」のネットワークが接続されている建物にお住まいであれば、無料でご視聴いただけます。

◆視聴可能エリア
茨城県、千葉県、東京都、札幌市・北広島市(一部)のJ:COMサービスエリア
※J:COM港・新宿、J:COM武蔵野・三鷹エリアを除く

 


《視聴可能エリアを確認するには》
https://www.jcom.co.jp/area_search/
※サービスエリア内でも一部ご利用になれない地域がございます。

◆実況 / 解説
[実況]伊藤 毅さん (俳優、CSスポーツチャンネル「GAORA」でも野球実況を担当)
[解説]芝草 宇宙さん (野球解説者、元北海道日本ハムファイターズ)

                   <実況:伊藤毅さん>

                   <解説:芝草宇宙さん>

◆特設ページ
https://c.myjcom.jp/jch/p/tokuban_eastern League/



[参考情報]
チケットは、ローソン、セブンイレブンで販売しております。
詳しくは、各社ホームページをご覧ください。
ローソン                 http://l-tike.com/sports/baseball/
セブンイレブン         http://7ticket.jp/g/000001

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. J:COM >
  3. プロ野球イースタン・リーグ公式戦「北海道日本ハムファイターズ」vs「読売ジャイアンツ」を茨城、千葉、東京、札幌の「J:COMチャンネル」で生中継