TBSラジオ「録音スタジオ・生放送スタジオのマイク全数更新」~開局70年を迎え、音声コンテンツ長時間聴取に対応~

 

 株式会社TBSラジオ(本社:東京都港区、取締役社長:三村孝成)は、生放送及び録音スタジオ用のマイクロフォン設備を、ドイツ製Neumann社製KM184 Aに全数更新し、12月6日(月)から運用を開始しました。
 TBSラジオのスタジオマイクは1994年、現TBS放送センター建設時に、様々なマイクロフォンを用いて比較検証し、Neumann社製KM140を採用しました。当時は残響が少ないスタジオが主流の中、心地よい残響が得られるようにスタジオ設計としたことから、この残響音を品良く伝えられる製品の選択に至っています。
 新たに採用したNeumann社製KM184 Aは、基本的にスムーズでリニアな周波数特性を備えております。低域に関しては、わずかばかり緩やかに下がっているという特徴があり、特にTBSラジオで多いトーク番組では、イコライザーなどでの音色調整無しでも完成された音作りを演出します。また、8kHzあたりをわずかに上昇させることから、スピーカーやイヤフォンなどで音声が再現できる帯域の広いワイドFMやradikoなどでも、心地の良い自然な音声が生み出されます。

 

 昨今では、新型コロナウイルスの影響により、リモートワークが進み、自宅の滞在時間も長い状態が続いておりラジオ聴取時間も増加傾向にあります。また音声によるエンターテインメントの価値が大きく見直されつつあります。TBSラジオのスタジオからはラジオ放送だけでなく、PodcastやAudioMovie🄬など各種コンテンツが日々制作されています。加えて2021年12月25日(土)に、TBSラジオは開局70年を迎えます。
 この大きな節目に、今まで以上に、長時間聴いていても心地の良い音声エンターテインメントコンテンツ提供に挑戦していきます。

 =導入製品の詳細=
 Neumann KM 184 A NXマイクロフォン + KVG 160 NX KAカプセルエクステンション
 

KM 184 A NXはKM 184のシリーズ製品で、モジュール構造を採用しているため、KVG 160 NX KAなどのオプションを組み合わせて使用することでスタジオ上部から吊り下げるTBSラジオの設置環境に純正品で構成することが可能です。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TBSラジオ >
  3. TBSラジオ「録音スタジオ・生放送スタジオのマイク全数更新」~開局70年を迎え、音声コンテンツ長時間聴取に対応~