Adecco、「第II期 中小企業デジタル化応援隊事業」事務局に選定

人財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎健一郎)の人財派遣およびアウトソーシング事業のブランドであるAdeccoは、この度、独立行政法人 中小企業基盤整備機構より、「第II期 中小企業デジタル化応援隊事業」(以下「第II期応援隊事業」)の事務局として選定されました。Adeccoは、前年度に実施された同内容の事業である「中小企業デジタル化応援隊事業」(以下「第I期応援隊事業」)の事務局としても選定されています。

Adeccoは「第II期応援隊事業」の事務局運営を通じて、デジタル化に向けた支援を必要とする中小企業と企業のデジタル化を支援するIT専門家をマッチングし、各企業のデジタル化に向けた課題の解決をサポートし、中小企業等の持続的なデジタル化に必要な支援環境を整備することを目指します。

「第II期 中小企業デジタル化応援隊事業」Webサイト
https://digitalization-support.jp

「中小企業デジタル化応援隊事業」は、新型コロナウイルス感染症への対応や働き方改革の必要性が高まるなか、テレワークの実施やそれにともなうオンライン会議システムをはじめとするデジタルツールの導入、ECサイトの構築、キャッシュレス決済の導入、オンラインイベントの開催、RPAの活用といった、企業のデジタル化にまつわる様々な課題を、IT専門家のハンズオン支援によって解決することを支援するものです。

「第I期応援隊事業」では、6か月の事業期間を通じ、数多くの中小企業が、IT専門家の支援を受けてデジタル化を推進しました。事業期間終了後に行ったアンケートでは、支援を受けた企業の多くが「効果を実感している」と回答し、同事業を通じて中小企業のデジタル化が進んだことがわかりました。また、中小企業とIT専門家双方から同事業を継続して利用したいという声が数多く寄せられており、企業と専門家双方からの高い評価を受けて「第II期応援隊事業」の実施が決定しました。

Adeccoはこれまでに、官公庁や地方自治体による受託事業を多数運営してきた実績を持っています。今後も、長年にわたり培ってきた生産性向上および人財活用に関するノウハウを最大限に生かし、企業の業績向上に貢献するとともに、すべての働く人々のキャリア開発を支援してまいります。

アデコ株式会社について
アデコ株式会社は、世界60の国と地域で事業を展開する世界最大の人財サービス企業、The Adecco Groupの日本法人です。コンサルテーションを通じ、働くすべての人々のキャリア形成を支援すると同時に、人財派遣、人財紹介、アウトソーシングをはじめ、企業の多岐にわたる業務を最適化するソリューションを提供します。アデコはより働きがいを感じられる社会の実現を目指し、さらなるサービスの強化に取り組んでいます。当社に関するより詳しい情報は、www.adecco.co.jpをご覧ください。

【本事業に関するお問い合わせ】
「第Ⅱ期 中小企業デジタル化応援隊事業」事務局
電話:03-6833-2525(受付:平日9:00~17:00)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アデコ >
  3. Adecco、「第II期 中小企業デジタル化応援隊事業」事務局に選定