城の見方・歩き方から名城100まですべて分かる!『歴史道 Vol.3』発売

現存十二天守の名城を徹底解剖!千田嘉博さんが名古屋城の見どころや最新情報も解説

朝日新聞出版は3月29日(金)、週刊朝日ムック『歴史道 Vol.3』を刊行します。今号では「日本の城とは何か」を特集。「城ブーム」と言われ、そのファン層が広がりを見せている昨今。本誌は、城巡りをライフワークにしている上級者から、花見を兼ねて城を訪ねるライトなファンまで、老若男女どなたでも楽しめる内容となっています。

歴史上注目の「ヒト・モノ・コト」を紹介する新雑誌「歴史道」vol.3を、3月29日に全国発売します。第3号で「日本の城とは何か」を大特集。日本の様式美と強さが結実した「城」の魅力を多岐にわたって掘り下げています。
巻頭では、城郭考古学の第一人者でテレビでもおなじみの千田嘉博さんが、現地で名古屋城の見どころと最新情報を解説。この他、国宝5城を含む現存十二天守の必見ポイント徹底解剖、城用語や山城歩きの基礎知識等、盛りだくさんです。

◎主なラインナップは下記の通りです。
木造復元された本丸御殿から現存する石垣、櫓、門まで見どころをすべてチェック!
千田嘉博さんが案内する 名古屋城の本当の魅力

『城を噛ませた男』の著者・伊東潤がズバリ斬る!
戦国の城とは何か?

原始的な柵から始まり、山城、近世城郭まで発達した!
日本の城「進化論」

難しい専門用語から天守の見方までズバリ分かる!
城の構造と基礎知識

徹底解剖!現存十二天守の名城
姫路城 彦根城 松本城 松江城 犬山城 丸岡城
丸亀城 宇和島城 備中松山城 高知城 弘前城 伊予松山城

防御の工夫、実用性の高さ、先進の思想――
藤堂高虎 加藤清正 黒田官兵衛「築城名人の極意」

地震から3年――名城はいかに復活するのか?
熊本城復興の「今」、そして「未来」

立地の決定、職人集め、石垣・堀作り、天守の立ち上げ――
徹底図解!城の建て方 全工程を追う!

どんな堅城でも落城させる
戦国の城の攻め方・落とし方

北海道から九州まで、一度は訪れたい城を網羅!
日本の名城100

縄張図の読み方、外せない見学ポイント、山城ベスト10
山城の歩き方 基本の「き」

週刊朝日ムック『歴史道 Vol.3』 
発売日:2019年3月29日
定価:880円(税込)
A4判変型132ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4022779071/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞出版 >
  3. 城の見方・歩き方から名城100まですべて分かる!『歴史道 Vol.3』発売