「Tokyo Metro ACCELERATOR 2019」を実施いたします!

12月11日(水)エントリー開始、2020年3月に最終審査を実施

 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)では、パーソルイノベーション株式会社が運営するオープンイノベーションプラットフォームeiicon(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 広敏、以下「eiicon」)の協力のもと、オープンイノベーションプログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR 2019」を今年度も実施いたします。

 今年度のプログラムは、「Keeping You on the Move~みんなが自分らしくつながる未来へ~」というコンセプトのもと、「CONNECTION(つながり)」、「WORK(働き方)」、「WELLNESS(健康)」をテーマとしています。2019年12月11日(水)に専用WEBサイト上(https://eiicon.net/about/tokyometro2019/)でのエントリーを開始し、2020年3月まで3度にわたる審査を行い、審査を通過した企業と実証実験等を通して事業展開を検討していきます。
 なお、「Tokyo Metro ACCELERATOR」は2016年度から毎年実施し、最終審査を通過した11社と実証実験の実施、事業提携を行ってまいりました。

 東京メトロは「東京を走らせる力(Keeping Tokyo on the Move)」をグループ理念として、東京に集う人々の生活や経済活動を支える存在として、鉄道事業を中心に、様々な事業に取り組んでいます。昨今、健康意識の高まり・働き方の多様化・人々のつながり方の変化により、それぞれ多様なスタイルが求められる時代に変わってきています。東京メトロは、そのような社会の変化を捉え、「Keeping You on the Move~みんなが自分らしくつながる未来へ~」の実現をオープンイノベーションにより目指します。



「Tokyo Metro ACCELERATOR 2019」詳細

1 概要
 東京メトログループの保有する経営資源と社外のアイデア・技術を組み合わせ、共創を通じた新しい事業や新しい価値を創出することを目的とします。本プログラムでは以下のコンセプト及び募集テーマを設定いたします。
【コンセプト】Keeping You on the Move ~みんなが自分らしくつながる未来へ~
【募集テーマ】
 CONNECTION(つながり)  新たなつながりを通じた、社会・地域の発展
 WORK(働き方)      誰もが自分で選択できる働き方へ
 WELLNESS(健康)    健康の維持・促進を通じ、社会全体の活力を引き出す

2 東京メトロが提供する経営資源
・豊富な顧客接点・データ
・首都圏でのPR機会
・グループ会社・取引先のネットワーク、資金提供

3 プログラムの特徴
 東京メトロ選抜メンバーがコーディネーターとして参画します。
 業界や会社の特性に精通した社員が、実現可能性を高めるサポートを実施します。

4 スケジュール
 エントリー開始  2019年12月11日(水)
 最終応募締切   2020年 1月13日(月)
 一次選考(書類) 2020年 1月中旬
 二次選考(面談) 2020年 1月下旬
 最終審査会    2020年 3月 6日(金)

5 応募要項
・法人登記がなされていること。企業規模は問わない。
・プロダクトや技術をお持ちであること。
・単発的な施策ではなく、継続的に取り組んでいくテーマをお持ちであること。

6 エントリーサイト
 専用WEBサイト(https://eiicon.net/about/tokyometro2019/

7 最終審査会通過特典
 提案内容について速やかな実証実験の実施を目指し、その後は具体的な事業化等への検討を進めます。


【参考】過去の「Tokyo Metro ACCELERATOR」最終審査通過企業との主な取組み状況

●プログレス・テクノロジーズ株式会社様
 2018年8月から12月にかけて、有楽町線辰巳駅構内で視覚障がい者向け駅構内ナビゲーションシステム「shikAI」の有用性を確認する実証実験を行いました。2019年8月からは、有楽町線新木場駅及び辰巳駅において、「shikAI」の導入に向けた最終検証を行っています。

「shikAI」:駅構内の点字ブロックに表示したQRコードをスマートフォンのカメラで読み取ることで、現在地から目的地までの正確なルートを導き出し、音声で目的地までご案内するシステム。


●株式会社エンジョイワークス様
 2019年5月から「泊まれるメトロ」プロジェクトを進めています。「泊まれるメトロ」とは、東京メトロ沿線の空き家や遊休不動産を利活用したい物件所有者(以下、物件オーナー)と、主に宿泊施設への転換等の物件の利活用アイデアの企画者(以下、プロジェクトリーダー)、イベント参加等による企画の支援者の三者を募り、一緒にアイデアを練りながら、物件のリニューアル及びリニューアル後の運営を行っていくプロジェクトです。現在は、有力なプロジェクトリーダーと企画を深めています。

●ボクシーズ株式会社様
 2019年7月から弊社のスタンプラリー企画「駅から始まるさんぽ道」をスポットツアー株式会社(※2019年6月ボクシーズ株式会社より分社化)が提供する観光ツアーアプリである「SpotTour」上で提供しています。今後は一般の方から観光ツアーを募集し、ユーザーに提供する実証実験を開始する予定です。

●Wovn Technologies株式会社様
 2019年7月から東京メトロ 東京2020大会特設ページ(URL:https://www.tokyometro.jp/tokyo2020/)にウェブサイト・アプリ多言語化サービス「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」を導入し、5言語で公開しています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京メトロ >
  3. 「Tokyo Metro ACCELERATOR 2019」を実施いたします!