Fukaseが単独初表紙! 「TV Bros.」4月号はSEKAI NO OWARI 全22ページの大特集!!

「TV Bros. 2019年4月号」 2月23日(土)発売

TV Bros.2019年4月号(東京ニュース通信社刊)TV Bros.2019年4月号(東京ニュース通信社刊)

​2月23日(土)発売の「TV Bros.」4月号の巻頭特集はSEKAI NO OWARIの全22ページ大特集。表紙には、単独で雑誌表紙を飾るのが初となるFukaseが登場します!!

各メンバーごとのインタビューや対談企画、そして4名揃ってのにぎやかなメンバー座談会。まずはSEKAI NO OWARIのコンセプターとしてその世界観を創造し続けるFukaseの、「Future」と題したロングインタビュー。「いまを全力でやっているから、それが未来につながる」と語る彼に、最近の活動やニューアルバム『Eye』『Lip』の制作秘話、未来について聞きました。
 

TV Bros.2019年4月号(東京ニュース通信社刊)TV Bros.2019年4月号(東京ニュース通信社刊)

さらに、執筆活動も行うSaoriは、同じく小説を出版した高山一実(乃木坂46)との作家対談、Nakajinとミックスエンジニアの前田和哉氏による対談、造詣の深いゲームについて熱い想いを語るDJ LOVEのインタビューと、各メンバーの個性が光る単独企画に続き、「New Album,New Story」と題したメンバー座談会と、充実の特集となっています。それぞれの厳選グラビアも必見!

続いて第二特集は、あいみょん連載『どうせ死ぬなら』スペシャルということで、対談相手に新垣結衣が登場! 昨年10月期のドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の主題歌を担当したあいみょんと、ドラマに主演したガッキー、なかなか普段は聞くことのできないトークをお届けします。二人の“まさか”のシチュエーションでのフォトショットは必見です。

第三特集は、話題のドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)に出演するブロス連載陣の川栄李奈と、本作で共演する永野芽郁とのスペシャル対談が実現。さらに福井雄太プロデューサーインタビューや、ドラマの撮影現場に密着したフォトリポートなど、ドラマの人気の秘密を深掘りします。

ほかにも、映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』主演の安田顕グラビア&インタビュー、公開が迫る『えいがのおそ松さん』で長男・おそ松役を務める櫻井孝宏、チョロ松役の神谷浩史、一松役の福山潤が映画への意気込みを語る特集、アニメ『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』三上哲・天﨑滉平対談の誌上アフターパーティー企画など、最後までアツイ特集がひしめいております。

また、地上波、BS、CS、配信作品のレコメンドページも一層躍動。バラエティー、ドキュメンタリーなどを謎の集団「ブロス探偵社」がぶった斬るほか、3月17日にスタートする『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(テレビ朝日系)特集、配信動画で注目されてほしい『デバッグ・トゥ・ザ・フューチャー』特集などなど、テレビや動画を中心とした企画がてんこ盛りの1冊になっております。
 
■Culture Bros.
今号は、映画部門から柳下毅一郎を迎えての「アカデミー賞大放談」と注目映画『グリーンブック』を、音楽部門からは踊Foot Works、ラジオからは『野性に還ろう。』(LOVE FM)からヨシダナギなど、カルチャーの今をとにかくお届け!

■連載
・松尾スズキ&河井克夫「チーム・カラマーゾフの兄弟の罪と罰」
・爆笑問題「天下御免の向こう見ず」
・清水ミチコ「私のテレビ日記」
・光浦靖子「脈アリ?脈ナシ?傷なめクラブ」
・岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」
・細野晴臣&星野源「地平線の相談」
・大根仁「中春スケッチブック」
・Perfume「たちまち、語リンピックせん?」
・岩井秀人「自意識がびゅっびゅー」
・マキタスポーツ「鼻マキタ道場」
・風間俊介「ダンスはうまく踊れない」
・きゃりーぱみゅぱみゅ「あたしアイドルじゃねぇし!!!」
・川谷絵音「ブレないから、やるせない」
・大森靖子「大森靖子の超一方的完全勝利」
・鈴木涼美「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」
・天久聖一「ノベライズ・ジャパン」
・掟ポルシェ「大切な思い出がツバまみれ」
・細川徹×五月女ケイ子「Oui?アシスタントディレクターブロ子」
・片桐仁「おしえて何故ならしりたがりだから」
・久保ミツロウ・能町みね子・ヒャダイン「久保みねヒャダこじらせブロス」
・川栄李奈「楽しけりゃいいじゃなe!」(ゲスト:永野芽郁)
・あいみょん「どうせ死ぬなら」
・岩井勇気(ハライチ)「でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。」
・戸田真琴「肯定のフィロソフィー」
・藤田菜七子「菜七子のここだけ馬なし」
・川田十夢(AR三兄弟)「月刊マン・オン・ザ・ムーン」
・大橋裕之のTV
・豊﨑由美「トヨザキ社長の査定したった!!」
・しりあがり寿「月刊はなくそ時評」
・おおひなたごう「俺に血まなこカラフル」
・友沢ミミヨ「だいすきまめおやじ」
・松江哲明「松江の奥の奥」
・松居大悟「読むか読まれるか」
・てれびのスキマ「ラ・テ欄愛好会」
・木俣冬「画面でつながる『現実』と『虚構』」
・西森路代「演じるヒト、演じないトキ」
 
【商品情報】
 「TV Bros. 2019年4月号」

●発売日 : 2019年​2月23日(土) ※一部、発売日が異なる地域がございます
●定価 : 680円(本体630円)
全国の書店、ネット書店、弊社TOKYO NEWS magazine&mookにてご購入いただけます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東京ニュース通信社 >
  3. Fukaseが単独初表紙! 「TV Bros.」4月号はSEKAI NO OWARI 全22ページの大特集!!