チームラボ、タッチしたり線を引くとインタラクティブに世界が変化する「小人が住まう黒板」をヘルシンキのMUJI Kamppi Helsinkiに常設展示。

チームラボ、「小人が住まう黒板」を、ヘルシンキのMUJI Kamppi Helsinkiに常設展示。2019年11月8日(金)から。
「小人が住まう黒板」の中には、小人が住んでいます。黒板の中の小人やシャボン玉などにタッチしたり、線を引いたりすると、インタラクティブに世界が変化していきます。自由なクリエイティビティを高める「共創(共に創る)の場」で、遊びを通して、他者と関わり、黒板の中の世界を創造していきます。そこに、ゲームをクリアするような明確なゴールはありません。ゴールすらも自分たちでみつけ、遊び方を自分たちで創造しながら、そこに居る人たちが共に創り上げていきます。

【作品】
小人が住まう黒板 / A blackboard where Little People Live
teamLab, 2014-, Interactive Digital Installation, Sound: teamLab

作品: https://www.team-lab.com/blackboard

この黒板は、小人たちが住んでいる黒板です。

小人たちは黒板の中を歩いていて、こちらには気づきません。
しかし、小人をタッチしたり、浮遊するシャボン玉をタッチすることで、黒板の中の世界は変化していきます。
小人たちはすべったり、ジャンプしたり、よじ登ったりして、大喜びで遊びます。

【概要】
MUJI Kamppi Helsinki

会場: Urho Kekkosen katu 14th Floor, 00100 Helsinki
営業時間: 月曜日〜金曜日 9:00〜21:00 , 土曜日 9:00〜19:00 , 日曜日12:00〜18:00
公式HP: https://www.muji.com/fi/

【チームラボ】
チームラボは、アート活動を行うArt collective teamLabの基盤であり、法人格である。最新のテクノロジーを活用したデジタルソリューション、大規模なシステム開発や、プロダクト、デジタルコンテンツの制作、都市計画や建築空間設計などを行う。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団で、アート、サイエンス、テクノロジー、クリエイティビティの境界を越えて、集団的創造をコンセプトに活動している。

ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、シリコンバレー、北京、台北、メルボルンなど世界各地で常設展およびアート展を開催。東京・お台場に《地図のないミュージアム》「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」を常設。2020年秋まで東京・豊洲に《水に入るミュージアム》「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM」、2019年11月4日まで九州・武雄温泉の御船山楽園にて「チームラボ かみさまがすまう森 - earth music&ecology」を開催中。2019年11月5日に、上海・黄浦濱江に新ミュージアム「teamLab Borderless Shanghai」を開館。2020年1月に、マカオに新ミュージアム開館予定。

チームラボ: http://www.team-lab.com/
制作のご相談・お問い合わせ: http://www.team-lab.com/contact
採用情報: http://www.team-lab.com/recruit

SNS
twitter: https://twitter.com/teamLab_news
Instagram: https://instagram.com/teamlab/
Facebook: https://www.facebook.com/TEAMLAB.inc
YouTube: https://www.youtube.com/c/teamLabART
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. チームラボ >
  3. チームラボ、タッチしたり線を引くとインタラクティブに世界が変化する「小人が住まう黒板」をヘルシンキのMUJI Kamppi Helsinkiに常設展示。