360度のバーチャルリアリティーが生み出す新しいアート体験  AΦE『WHIST』エーイー 『ウィスト』 

JAPAN LIVE YELL project ヨコハマ&カナガワ

イギリス在住の中村葵とエステバン・フォルミによって設立されたフィジカルシアターカンパニーAΦE(エーイー)
横浜赤レンガ倉庫1号館と高知県立美術館で待望の日本初演!
架空の家族、恐怖、欲望、悪夢…76通りの映像からあなた自身の「無意識」が導く物語

 

 

 


2017年4月に英国のグルベンキアン劇場にて世界初演以来、9か国・20の劇場やフェスティバルで上演され、各地で賞賛を受けた『WHIST』(ウィスト)。精神科医フロイトと寺山修司からインスパイアされたこの作品では、参加者がVRゴーグルとヘッドフォンを装着して360度の映像を体感し、バーチャルと現実、拡張現実の世界を行き来します。


架空の家族が、悪夢と恐怖と欲望の物語を繰り広げる『WHIST』は、全部で16種類のシーンから構成され、1回の上演で見られるのはその内最大13シーン。76通りの映像の内、どの映像が現れるかは参加者の視線の動きで決まります。映像のどこに注目していたのかという「無意識」の選択と「本能」によって、参加者一人ひとりの物語が展開します。
時に美しく、時にショッキングな映像世界を堪能した後で受け取るのは、フロイト博物館所属の専門家による心理分析結果。

さて、あなたの「無意識」の選択の背景には何があるのでしょうか。

 

【開催概要】
日  時:2020年10月28日(水)~11月3日(火・祝) 7日間 *1日7回公演 全49回公演 
     開演11時/12時/13時/15時/16時/17時/18時
     ※上演時間 約60分
     ※開演の15分前までに会場にお越しください。
会  場:横浜赤レンガ倉庫1号館 2Fスペース(横浜市中区新港1-1-1)
チケット:1,000円(日時指定・要予約) ※当日券は定員に余裕がある場合のみ販売します
取り扱い:Peatixにて発売 https://whist-yokohama.peatix.com
定  員:1公演につき10名まで

<注意事項>
・本作は、VRゴーグルとヘッドフォンを装着し、会場内を歩きながら鑑賞する公演です。
・開演時刻を過ぎるとご参加いただけませんので、時間に余裕を持ってご来場ください。
・ご覧いただける映像は参加者によって異なりますが、映像の一部に流血表現や性的表現が含まれます。
・推奨年齢:15歳以上。中学生以下のお子様の鑑賞には適しておりません。
・未就学児はご入場いただけません。

<感染症対策について>
詳細は横浜赤レンガ倉庫1号館 公式Webサイトにてご確認ください。
https://akarenga.yafjp.org/news/1416/

文化庁令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業「JAPAN LIVE YELL project」
日英交流年「UK in JAPAN」参加イベント 
主  催:文化庁、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会
     横浜赤レンガ倉庫1号館[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]
共同招聘:高知県立美術館
後  援:ブリティッシュ・カウンシル

お問合せ:横浜赤レンガ倉庫1号館 045-211-1515(10:00~18:00)


【高知公演】

日  時:2020年11月7日(土)~15日(日)9日間 ※1日6回公演 全54回公演
     開演10時/11時/13時/14時/15時/16時
会  場:高知県立美術館 県民ギャラリー
チケット:1,500円(日時指定・要予約) ※当日券は定員に余裕がある場合のみ販売します。
取り扱い:10月9日(金) Peatixにて発売予定  https://whist-kochi.peatix.com
定  員:1公演につき10名まで
主  催:文化庁、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会、高知県立美術館
              ⽂化庁令和2年度戦略的芸術⽂化創造推進事業「JAPAN LIVE YELL project」(申請中)
お問合せ:高知県立美術館 088-866-8000(9:00~17:00)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団 >
  3. 360度のバーチャルリアリティーが生み出す新しいアート体験  AΦE『WHIST』エーイー 『ウィスト』