スマートフォン用の高性能コンバージョンレンズシリーズ「リアルプロ シネマティック」

4月28日発売開始

株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区 代表取締役社長:山中 徹)は、スマートフォン用の高性能コンバージョンレンズシリーズ「リアルプロ シネマティック」の販売を4月28日より開始いたします。価格はオープン価格ですが、弊社といたしましてはワイド0.6xが7,700円前後(税別)、テレ2xが8,200円前後(税別)の販売価格を想定しております。
スマートフォンが高性能な映像記録装置であるという認識が確立しつつある中で、スマートフォンで映像制作を行うユーザーが、今後も増え続けるとケンコー・トキナーは確信しています。スマートフォンのカメラ性能の著しい進化とともに映像表現方法の可能性を広げる周辺光学アクセサリーも進化すべきと考え、より高性能なコンバージョンレンズを開発し、あらゆる映像コンテンツクリエーターをサポートしたいと考えました。それが、リアルプロシネマティックシリーズです。


リアルプロシネマティックシリーズは高性能な0.6xワイドレンズと2xテレレンズで構成されており、スマートフォンの内蔵カメラレンズの画角では満足しないシーンに対応します。また、スマートフォンへの取付方法として、従来のクリップに代わり、これから標準装備になると思われるデュアルカメラレンズの形状にも対応する新しいアタッチメント※を開発し、安全で確実な脱着方法を実現しました。


※マウントアタッチメントは、厚さ11mm以下かつ機器の端からカメラレンズの中心までの長さが35mm以下のデバイスに対応

高性能0.6xワイドレンズ
リアルプロ シネマティック4K HD ワイド0.6x 

■4K動画撮影に最適な大口径コンバージョンレンズ。新しい光学系が実現する低ディストーションと中心から周辺に至るまでの高解像度。
■安全で確実な脱着。デュアルカメラレンズの形状にも対応する新開発のレンズマウントアタッチメント。
■アルミ合金の削り出し加工とスクリューマウント採用による光軸ずれを起こしにくいデザイン。
ワイド0.6xレンズは、スマホ内蔵のカメラレンズよりも広い範囲を写すことができます。


ワイド0.6xレンズなし


ワイド0.6xレンズあり

4群5枚の優れた光学性能を持つ4K対応レンズ。高解像度、低ディストーションを実現。



高性能2倍望遠レンズ
リアルプロ シネマティック4K HD テレ2x 
■4K動画撮影に最適な大口径コンバージョンレンズ。新しい光学系が実現する低ディストーションと中心から周辺に至るまでの高解像度。
■安全で確実な脱着。デュアルカメラレンズの形状にも対応する新開発のレンズマウントアタッチメント。
■アルミ合金の削り出し加工とスクリューマウント採用による光軸ずれを起こしにくいデザイン。
テレ2xレンズで、遠くにあるものを大きく写すことができます。


テレ2xレンズなし


テレ2xレンズあり


光学性能:低ディストーション
4群5枚の優れた光学性能を持つ4K対応レンズ。高解像度、低ディストーションを実現。



共通の特長

大口径レンズを採用し、画質の劣化を極限まで抑える。


デュアルレンズの形状に対応した、新設計のマウントアタッチメント。


バイス式ロック採用で様々なデバイスに確実に固定。スマートフォン接地面はラバー付きで、滑り落ちを防ぎます。


ワンタッチで着脱可能、本格的スプリング式レンズキャップが付属しています。


このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ケンコー・トキナー >
  3. スマートフォン用の高性能コンバージョンレンズシリーズ「リアルプロ シネマティック」