【20代転職活動状況】冬の賞与から1ヵ月以上たち、「賞与後に転職したい」と考える20代転職希望者の動きが活発化。賞与後の転職を検討する20代は「賞与後1~3ヵ月以内」の転職を希望する傾向。

[20代専門]転職サイトNo.1「Re就活」でアンケートを実施しました。

株式会社学情(本社:東京都中央区・大阪市北区/代表取締役社長:中井清和)は、20代の仕事観や転職意識をひも解くために、アンケート調査を実施しました。今回は、「冬の賞与」に関して調査。賞与の転職への影響では、「賞与をもらった後に転職したい」が46.9%で最多。「コロナ禍で賞与額が減るとしても、賞与をもらったうえで転職したい」「コロナ禍で賞与額が減るのは仕方がないと思う。それでも、昨年と同水準で支給されている企業もあるので、支給額によっては転職を検討したい」といった声が寄せられました。賞与後の転職希望時期は、「賞与後1~3ヵ月以内」が最多。コロナ禍では、テレワークや時差出勤、飲み会の自粛など、コミュニケーションの機会が減少しやすくなっているため、社員のモチベーションの変化やストレス状態なども把握しにくくなっています。転職意思が固まる前に個別にコミュニケーションを図ることが求められています。
▼詳しくは以下よりご覧ください。
https://service.gakujo.ne.jp/data/survey/questionnaire202101-12

【TOPICS】
(1)「賞与は転職を考えるきっかけになる」が63.3%
(2)「賞与をもらった後に転職したい」が46.9%で最多
(3)転職希望時期は、「賞与後1~3ヵ月以内」が37.7%で最多

(1)「賞与は転職を考えるきっかけになる」が63.3%

「賞与は転職を考えるきっかけになりますか?」の質問では、63.3%が「転職を考えるきっかけになる」と回答。20代も、賞与時期に転職を意識していることが分かります。

(2)「賞与をもらった後に転職したい」が46.9%で最多

 

賞与の転職への影響では、「賞与をもらった後に転職したい」が46.9%で最多となりました。また、「賞与後すぐに転職をするのは気が引ける」の回答は14.0%、「賞与が減る・支給されない場合は転職したい」の回答が13.5%でした。「コロナ禍で賞与額が減るとしても、賞与をもらったうえで転職したい」「コロナ禍で賞与額が減るのは仕方がないと思う。それでも、昨年と同水準で支給されている企業もあるので、支給額によっては転職を検討したい」といった声が寄せられました。

(3)転職希望時期は、「賞与後1~3ヵ月以内」が37.7%で最多

転職希望時期(2020年11月調査)は、「賞与後1~3ヵ月以内」が37.7%で最多となりました。1月や2月に退職し、3月・4月に入社をするスケジュールを希望する、20代が多いことが伺えます。

コメント:株式会社学情 営業部門担当執行役員 歌津智義 
「1月に退職の申し出があり、欠員募集で採用したい」「賞与後の退職が例年より多く、採用を検討している」など、賞与後の退職により、急きょ中途採用を検討される企業が増えています。若い世代では、退職は連鎖する傾向もあり、「同期が退職した」「友人で転職が増えている」などをきっかけに、転職を検討し始める20代も少なくありません。大切なのは、退職意思が固まる前にフォローすることです。「今後どのような仕事に挑戦したいか。そのために、今どのようなことに取り組むか」「仕事での不安はないか」「上司から、適切なフォローやフィードバックを受けられているか」など、目標設定や不安の解消など、個別面談でフォローすることが不可欠です。コロナ禍では、テレワークや時差出勤、飲み会の自粛など、コミュニケーションの機会が減少し、社員のモチベーションの変化やストレス状態なども把握しにくくなっています。テレワーク時もオンラインで面談する機会を設ける、成長を実感できるフィードバックを実施するなど、個別にコミュニケーションを図り、フォローすることが、若手社員の定着や活躍のポイントになってきます。

■調査概要
・調査対象:[20代専門]転職サイト「Re就活」へのサイト来訪者
・調査方法:「Re就活」にアクセスしたサイト来訪者に、アンケートのポップアップを表示
・調査期間:2020年11月5日~2020年11月11日
・有効回答数:338名

■「Re就活」とは
4~7年の社会人経験を積んだヤングキャリア、既卒・第二新卒をメインターゲットにした、日本で唯一の[20代専門]転職サイト。登録会員150万名のうち92.5%が20代です。20代が求めるOne to Oneコミュニケーションを実現する「スカウトメール」機能で、20代の若手人材を求める優良企業と、意欲の高い若手人材のマッチングをサポートします。
「20代が選ぶ、20代のための転職サイトNo.1(東京商工リサーチ:2020年2月)」「20代会員比率No.1(楽天リサーチ:2016年7月)」を獲得しており、「Re就活の転職博」と併せて4冠を達成。両サービスの累計参画社数は約20,000社です。
https://service.gakujo.ne.jp/midcareer/rekatsu

■株式会社学情とは
東証一部上場・経団連加盟企業。法人株主として朝日新聞社・大手金融機関が資本出資。17年前から、「20代通年採用」を提唱。会員数40万名の、ダイレクトリクルーティングサイト会員数No.1の「就職情報サイト〈あさがくナビ(朝日学情ナビ)〉」や、会員数150万名の「20代専門転職サイトNo.1の〈Re就活〉」を軸に、業界で唯一20代の採用をトータルにサポートする大手総合就職・転職情報会社です。
また1984年に日本で初めて「合同企業セミナー〈就職博〉」を開催して以降、合同企業セミナーのトップランナーとして、年間延べ来場学生20万名以上の日本最大級の「合同企業セミナー〈就職博〉」や、20代動員数No.1の「20代・30代対象の合同企業セミナー〈転職博〉」を運営。2019年には外国人材の就職・採用支援サービス「Japan Jobs」を立ち上げるなど、若手人材の採用に関する多様なサービスを展開しています。
[創業/1976年 資本金/15億円 加盟団体/一般社団法人 日本経済団体連合会 、 公益社団法人 全国求人情報協会/日本就職情報出版懇話会 代表幹事会社]
https://company.gakujo.ne.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社学情 >
  3. 【20代転職活動状況】冬の賞与から1ヵ月以上たち、「賞与後に転職したい」と考える20代転職希望者の動きが活発化。賞与後の転職を検討する20代は「賞与後1~3ヵ月以内」の転職を希望する傾向。