3.11をはじめ、その後10年の日本の"大異変"を写真で伝える。『災害列島・日本 49人の写真家が伝える“地球異変”の記録』発売中

試し読みはこちらから→http://fusosha.tameshiyo.me/9784594087616

日本を代表する写真家たちが撮った
東日本大震災と、その後の自然災害のリアルな姿
 

  • 本書について
 2021年3月11日は、東日本大震災から10年。この10年間、日本列島では地震だけではなく各地で多くの災害が頻発してきました。

 2016年4月には熊本で震度7を最大とした群発地震が発生、九州や中国地方への集中豪雨、北海道では地震による地滑りと大停電が発生。さらには異常気象による巨大台風や土砂崩れ、洪水、河川の決壊、氾濫、浸水。冬季には北海道から北陸地方にかけて、異常な寒波や豪雪が襲いました。
 そして地球規模で蔓延するコロナウイルスの感染など、日本列島はいま“複合災害”の真っただ中。地震・津波・放射能汚染に襲われた東日本大震災のように「これでもか、これでもか」と、災害の上に災害が重なってきています。その原因について、温暖化による気候変動以上の“地球異変”とも言うべき変化が起きているのではないか――と国民は肌で感じ始めたのです。
 ツンドラ地帯の凍土が溶解し、北米やアマゾンの山林で火災が起き、アフリカの砂漠化などで生態系が崩れ、食糧不足と難民の流出が止まらず、世界秩序は不安定になる一方です。そして今、コロナ禍が世界中に蔓延しています。

 この10年はまさに日本人が大規模災害に直面し続けた10年でした。本書は、日本を代表する49人の写真家たちが撮った「東日本大震災の記憶」と、その後の自然災害のリアルな姿を伝える写真集です。
 
  •  本書で紹介している写真の一部を公開
【福島第一原発爆発寸前の煙(石川 梵)】


【津波で壊滅した漁業の街・気仙沼(野町和嘉)】


【写真でとらえた放射性物質の姿(森住 卓)】


【木曾御嶽山の大噴火(山口勝廣)】


【熊本豪雨で氾濫した球磨川(清藤拡文)】

 

 

  • 3.11写真記録委員会・参加写真家(49人)
芥川仁、安達洋次郎、井沢雄一郎、石川文洋、石川梵、岩波友紀、上田聡、上野祥法、江成常夫、大石芳野、尾崎幸司、柿木正人、Q.サカマキ、清藤拡文、熊谷正、熊切圭介、倉田耕一、桑原史成、小松健一、権徹、酒井憲太郎、佐々木康、佐藤文則、新藤健一、須賀次郎、鈴木渉、高橋邦典、田沼武能、豊田直巳、長野良市、中村征夫、西宮正明、野澤亘伸、野田雅也、野町和嘉、芳賀日向、長谷川健一(特別参加)、花井尊、羽永太朗、原田浩司、光幸國、福本敏雄、細江英公、村山嘉昭、桃井和馬、森住卓、八尋伸、山口勝廣、渡辺幹夫


■書誌情報
『東日本大震災から10年 災害列島・日本 49人の写真家が伝える“地球異変”の記録』
3.11写真記録委員会 著
発売日:2021年3月2日
判型:A5判
定価:1980円(本体1800円+税)
ISBN:978-4-594-08761-6

■購入リンク
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4594087612/
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16631014/

■本書の内容、取材などについては下記へお問い合わせください
株式会社扶桑社 宣伝部 PR担当
fusoshapr@fusosha.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社扶桑社 >
  3. 3.11をはじめ、その後10年の日本の"大異変"を写真で伝える。『災害列島・日本 49人の写真家が伝える“地球異変”の記録』発売中