博報堂生活総合研究所「2023年1月 新型コロナウイルスに関する生活者調査」

 

1月の「生活自由度」は63.7点の過去最高値に。
「不安」と「行動の抑制」に大きな増減はみられない

株式会社博報堂(本社-東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は2023年1月、新型コロナウイルスが流行している昨今の生活者意識や行動について「新型コロナウイルスに関する生活者調査」を実施しました。
 

【調査前の状況】3年ぶりに行動制限がない年末年始。新型コロナウイルスの全国の新規感染者数は、 12月初旬は1週間平均で1日あたり11万人台でしたが、12月下旬には17万人台にまで増加しました。12月30日から一旦減少し、1月4日には1週間平均で11万人台にまで低下したものの、翌5日には当日の新規感染者数が約23万人に急増。死者数も、1月7日に463人と過去最多を更新するなど増加傾向となりました。年末年始の人の移動と活動の影響がうかがわれる中での調査です。


■調査概要
調査地域:首都40km圏、名古屋40km圏、阪神30km圏
調査対象者:20~69歳の男女計1,500人
調査方法:インターネット調査
調査時期:2023年1月4日(水)~10日(火)(2020年3月から調査開始/毎月上旬に調査実施)
企画分析:博報堂生活総合研究所
実施集計:株式会社 H.M.マーケティングリサーチ

▼調査レポートは、博報堂ニュースリリースページよりご覧ください
https://www.hakuhodo.co.jp/news/newsrelease/101814/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社博報堂 >
  3. 博報堂生活総合研究所「2023年1月 新型コロナウイルスに関する生活者調査」