「FIA Electric & New Energy Championship ソーラーカーレース」2022年以降の開催終了について

JAF
JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 藤井一裕)は「FIA Electric & New Energy Championship ソーラーカーレース」の開催を、2021年大会をもって終了いたします。
 JAFは“環境にやさしい車”の発展のため、鈴鹿サーキットランド(現:株式会社モビリティランド)などと共催で1992年に「ソーラーカーレース鈴鹿」を初めて開催。1994年からはFIA(国際自動車連盟)認定のカップ・選手権大会として、現在まで主催団体として30年近くにわたり継続して開催してまいりました。しかし、代替エネルギーを取り巻く環境が多様化し環境技術の導入も進んできたことから、大会の終了を決定いたしました。

 これまで大会を支えていただきました参加チームをはじめとする関係する皆様に、深く感謝を申し上げます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JAF >
  3. 「FIA Electric & New Energy Championship ソーラーカーレース」2022年以降の開催終了について