【オキナワ マリオット リゾート & スパ】食品ロス削減に取り組みます!3010(さんまるいちまる)運動に参加いたします。

グローバルブランドリゾート・オキナワ マリオット リゾート & スパ(沖縄県名護市喜瀬1490-1 総支配人:齊川慶一 )は、この度国内で拡がりつつある「3010(さんまるいちまる)運動」に参加し、食品ロス削減の取り組みを積極的に推進します。


■なぜ、いま3010運動へ参加するのか
世界全体の食糧援助量の約2倍にも匹敵する、日本の食品ロスは632万トン。
オキナワ マリオット リゾート & スパでは、昨年12月~1月の忘新年会シーズンに置いて24トンもの食品ロスが発生いたしました。そのため、今年は同時期での食品ロスを削減すべく、推進することといたしました。

■取り組み内容と開始時期
2019年12月から、宴会のお問い合わせをいただいた際、並びにお打ち合わせで3010運動のご説明と、
会場内でのポップやポスターによる呼びかけを行って参ります。

 

■料飲部  部長 兼 総料理長 寺嶋 誠一郎のコメント
農林水産省によると去年一年間にまだ食べられるのに、捨てられている食品の量は632万トンに及ぶといわれています。これは世界全体の食料援助量の2倍にあたり、国民一人あたりにすると、毎日お茶碗一杯のご飯が、食べられずに捨てられている計算になります。
私共ホテルの宴会で算出すると、お茶碗一杯(150g)を例年利用者数約2,000人の取り組みを努めると、約300㎏もの削減ロスへと実現が可能となります。



 

食品ロス削減国民運動のロゴマーク(ろすのん)食品ロス削減国民運動のロゴマーク(ろすのん)

3010(さんまるいちまる)運動とは?
3010運動とは、宴会時の食べ残しを減らすキャンペーン。乾杯後30分は席を立たずに料理を味わい、お開き10分前になったら自席に戻って料理を残さずいただこうというもの。元々は長野県松本市でスタートし、全国に波及していった。

 

 

HP記事はこちらから⇒https://www.okinawa-marriott.com/news/detail.php?id=227 


沖縄県名護(恩納村)にあるグローバルブランドのリゾートホテル、オキナワ マリオット リゾート& スパ。
県内最大級の広さを誇るプールと、全室オーシャンビューの広い客室で、南国ステイを満喫。

オキナワマリオットリゾート&スパは株式会社ホテルマネージメントジャパンのグループホテルです。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ホテルマネージメントジャパン >
  3. 【オキナワ マリオット リゾート & スパ】食品ロス削減に取り組みます!3010(さんまるいちまる)運動に参加いたします。