凸版印刷、一次容器対応の「紙素材チャック付きスタンディングパウチ」を開発

一次容器対応の紙素材チャック付きスタンディングパウチが日本コカ・コーラ社の新製品「1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)」に採用

凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、「価値あるパッケージ」で、よりよい社会と心豊かで快適な生活に貢献する「TOPPAN S-VALUE™ Packaging」を掲げ、ちきゅうに価値ある「サステナブル バリュー パッケージ®」を提供しています。
 その中で、食品の一次容器にも対応可能な、紙素材を使用したチャック付きスタンディングパウチを開発し、この度、日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ホルヘ・ガルドゥニョ)の新製品フリーズドライ飲料「1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)」での採用が決定しました。本品は「1,2,CUBE 緑茶」と「1,2,CUBE 麦茶」を2021年5月19日(水)より、「1,2,CUBE 珈琲」を6月28日(月)より、Amazon.co.jpにて数量限定で販売します。

日本コカ・コーラ フリーズドライ飲料「1,2,CUBE」日本コカ・コーラ フリーズドライ飲料「1,2,CUBE」

■ 採用の背景
 SDGs(持続可能な開発目標)など、環境配慮や省資源化推進における世界的な機運の高まりを受け、環境負荷を低減するパッケージに注目が集まっています。
 日本コカ・コーラ株式会社では2018年より、2030年までにすべてのPETボトルを100%サステナブル素材に切り替えることなどを骨子とした「容器の2030年ビジョン」を策定し、サステナブルな容器の設計と開発に取り組んでいます。今回の新製品「1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)」のパッケージ開発において、石油由来のプラスチック使用量削減とサステナブル素材の採用を重要テーマとして掲げる中、凸版印刷が開発した「紙素材チャック付きスタンディングパウチ」は、環境配慮とユーザビリティの両立を実現していることから、高い評価を得ることができました。また、紙素材が与える「質感・風合いの良さ」も製品イメージとマッチし、この度採用に至りました。

■ 「1,2,CUBE」 販売概要
製品名:「1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)緑茶」、「1,2CUBE(ワン・ツー・キューブ)麦茶」
発売日:2021年5月19日(水)よりAmazon.co.jp限定で発売
製品名:「1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)珈琲」
発売日:2021年6月28日(月)よりAmazon.co.jp限定で発売
メーカー希望小売価格:600円(税抜)
URL: https://c.cocacola.co.jp/12cube/index.html

■ 一次容器対応 「紙素材チャック付きスタンディングパウチ」の特長
・ 紙素材の活用により、プラスチック樹脂の使用量を削減
ベースの基材に紙素材を採用しているため、プラスチックフィルムを使用した従来のスタンディングパウチと比較してプラスチック樹脂使用量を約13%、CO2排出量を約18%削減することが可能です。

・「紙マーク」の付与が可能
紙重量が包装材全体重量の50%を超えているため、容器包装リサイクル法上の「紙製容器包装」に分類され、「紙マーク」表記となります。

・ 透明で高いバリア性能を持つ「GL BARRIER」※1を使用
食品の内容物が直接接する面に、凸版印刷が開発した世界最高水準のバリア性能を持つ透明バリアフィルム「GL BARRIER」※1を使用し、軟包装全体のフルバリア化を実現。食品の賞味期限の延長にも配慮したパッケージです。

・ 新しいデザイン・プロモーションを可能に
一次容器として必要な機能を維持しながら、スタンディングパウチの最外装の紙化を実現。紙ならではの質感や風合いを活かしたデザイン・プロモーションが可能です。また、チャックを付与することで利便性も提供します。

■ 「TOPPAN S-VALUE™Packaging」について
凸版印刷は、「価値あるパッケージ」で、よりよい社会と心豊かで快適な生活に貢献する「TOPPAN S-VALUETM Packaging」を掲げ、「ひと」に価値ある「スマートライフ バリュー パッケージ®」、「しゃかい」に価値ある「ソーシャル バリュー パッケージ®」、「ちきゅう」に価値ある「サステナブル バリュー パッケージ®」を提供します。

「ひと」/「スマートライフ バリュー パッケージ®」
円滑な購入や効率的な保管、美味しく仕上がる調理、簡便な廃棄、安全・安心な取り扱いなど、生活のさまざまな場面に最適な価値を提供し、コミュニケーション媒体として顧客体験を最大化させるソリューションを展開します。

「しゃかい」/「ソーシャル バリュー パッケージ®」
サプライチェーンにおいて発生する業務効率化、生産性向上、販売の最適化などのさまざまな課題を解決し、継続的な企業活動を実現する価値あるパッケージやサービスを展開します。

「ちきゅう」/「サステナブル バリュー パッケージ®」
再生プラスチックを用いた包装材、単一素材でリサイクル適性を向上した包装材、植物由来材料の紙やバイオマスプラスチックを用いた包装材など、環境負荷の低減と循環型社会の実現につながるソリューションを展開します。
<URL> https://www.toppan.co.jp/living-industry/packaging/sustainability/


※1 GL BARRIER
凸版印刷が開発した世界最高水準のバリア性能を持つ透明バリアフィルムの総称です。
独自のコーティング層と高品質な蒸着層を組み合わせた多層構造で、安定したバリア性能を発揮します。また多くの優れた特性が高い評価を受け、食品から医療・医薬、産業資材に至る幅広い分野で採用されています。
「GL BARRIER」シリーズでは、高機能・高付加価値製品向けの「PRIME BARRIER」、消費財から産業資材まで幅広い用途に向けた「GL FILM」、軽包装向けの「FRESHLIGHT」を展開しています。
URL:http://www.toppan.co.jp/specialct/glbarrier.html


* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
以 上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 凸版印刷株式会社 >
  3. 凸版印刷、一次容器対応の「紙素材チャック付きスタンディングパウチ」を開発