新宿駅での特急ロマンスカーの待ち時間にバッテリーチャージ!1月29日(水)から、新宿駅で「チャージングベンチ」使用開始

~外国人旅行者にも分かりやすいアイコンサインを設けました~

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、2020年1月29日(水)から、特急ロマンスカーが発着する小田急線 新宿駅2・3番ホームに、USBポートを有するベンチ「チャージングベンチ」の使用を開始します。

「チャージングベンチ」(イメージ)「チャージングベンチ」(イメージ)

このベンチは、1台2つのひじ掛けにデジタルデバイスの充電に活用いただけるUSBポートを4口有するもので、特急ロマンスカーの待ち時間を有効活用いただけるように、既存の10台のベンチに置き換えて設置するものです。また、西口地上改札口から入場されたお客さまの視認性を高め、訪日外国人旅行者にも分かりやすくするため、充電を想起する「アイコンサイン」を表示するほか、従前設置のベンチから座面を50mm高くすることで、立ち上がりの際の負担軽減となる工夫も施しています。

新宿駅は、小田急線の起点で、一日平均約52万人のお客さまにご利用いただく当社最大のターミナルです。フリーWiFiのサービスや大型ラゲッジをお持ちの方でもご利用いただきやすいトイレ環境の整備に加え、昨今訪日外国人旅行者の利用が増加していることから、小田急旅行センターの窓口増設や手荷物預かりサービスなども実施しています。今後も、各駅の周辺環境やご利用になるお客さまのニーズを捉えた利便性向上策に努めてまいります。

「チャージングベンチ」(イメージ)「チャージングベンチ」(イメージ)

新宿駅「チャージングベンチ」使用開始の概要は下記のとおりです。



1 使用開始日
2020年1月29日(水)

2 設置箇所
新宿駅2番・3番ホーム(特急ロマンスカーの発着するホーム)

3 設置台数
10台(既存のベンチと置き換え)

4 利用時間
始発から終電まで

5 寸法
長さ1515mm×高さ450mm×奥行400mm

【参考】チャージングベンチとは
「価値ある空間づくり」に取り組む、アドセック株式会社(本社:東京渋谷区 代表取締役:小泉 久也)が、駅空間を「Charging Station」として「待つ」時間を「価値ある時間」へ変え、「価値ある駅」へ進化することをコンセプトとし開発したベンチです。

以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 小田急電鉄株式会社 >
  3. 新宿駅での特急ロマンスカーの待ち時間にバッテリーチャージ!1月29日(水)から、新宿駅で「チャージングベンチ」使用開始