【50・60代男性付録つき雑誌 異例の完売続々!】『MonoMaster』第4弾 5/25発売!

モノ雑誌7年連続No.1モノマックスの兄弟雑誌!~ファッション雑誌No.1宝島社、60代市場開拓中~


 ファッション雑誌販売部数トップシェア(※)の株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)は2018年5月25日(金)に、『MonoMaster(モノマスター) 極みの逸品特集号』を発売します。
※日本ABC協会 雑誌発行社レポート2017年下半期(7~12月)より

 本誌は、50・60代男性向けモノ雑誌です。7年連続モノ雑誌No.1である『MonoMax(モノマックス)』で培ったノウハウを活かし、“本物を愉しむ大人のモノ雑誌”をコンセプトに2016年より刊行。いいものを選ぶ審美眼と
こだわりを持ち、感度の高い50・60代をターゲットにロレックスやパテック フィリップ、ベントレーなどハイブランドなモノを多岐にわたり紹介しています。これまでのシリーズも売上好調で続々と完売しており、今回が第4弾となります。また、2017年12月に発売した、初の60代女性向けファッション雑誌『素敵なあの人の大人服』は発売から3日で重版が決定し、現在シリーズ累計10万部を突破。メディアでも多数取り上げられており、『モノマスター』とともに新しい60代マーケットの拡大に拍車をかけています。

 宝島社は2010年以降、30~50代の大人世代に向け『リンネル』『GLOW』『大人のおしゃれ手帖』『otona MUSE(オトナミューズ)』『& ROSY(アンド ロージー)』の5誌を創刊。新たな雑誌を創刊することで、常に新しい女性像やライフスタイルを提案するとともに、新市場を創出・開拓してまいりました。今後はさらに50~70代市場にも力を注ぎ、雑誌出版のリーディングカンパニーとして、新しい市場を開拓することで日本を盛り上げていくことに尽力してまいります。

==========
『モノマックス』はファッションやデジモノ、家電、時計、文具など様々なプロダクト情報を紹介している雑誌で、前期比伸長率127%と部数を伸ばしており、現在7年連続モノ雑誌No.1。さらに日本のファッション&モノ・トレンド情報誌の販売部数ランキングでは4位にランクインしており、トップ10のうち唯一の男性誌です。2007年の創刊以来、「自由に使えるお金はあるが働きざかりのため、モノを選ぶ時間がない」というビジネスマンのニーズを捉え、新しい市場を開拓してきました。また、「男性情報モノ・トレンド情報誌部門」全体でも、2017年下半期では6誌中4誌が前期比を超え、男性モノ・トレンド市場全体が盛り上がりを見せています。
==========
 


編集担当 高田淳(モノマックス編集部)コメント
モノマックスでは、ファッションやアウトドアを担当し、旬なモノを多く紹介してきましたが、モノマスターでは普遍的な価値のあるモノを厳選。あえてトレンドは追っていません。

2009年宝島社入社。『MonoMax』編集部に配属。千葉県出身。趣味はキャンプとスノーボード。どちらも年に10回以上行くほどのアウトドア派。猫を3匹飼っている。
 

 


 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 宝島社 >
  3. 【50・60代男性付録つき雑誌 異例の完売続々!】『MonoMaster』第4弾 5/25発売!