「お産の山王」で知られる山王病院の院長が教える「高齢出産」「不妊」に勝つ、妊娠力のつけ方

中経出版ブランドカンパニー

株式会社KADOKAWA中経出版ブランドカンパニー(東京都千代田区)は、新刊『山王病院の院長が教える 赤ちゃんが欲しいと思ったときに読む本』を刊行しました。
main image
  • 不妊治療助成「42歳まで」がスタートしたいま、私たちにできることとは!?

「いつか産みたい」。
しかし、そのいつかには期限があるのです。

●6組に1組の夫婦が不妊
●卵子の老化
●出産年齢の高齢化

これらに加え、不妊治療の公費助成が42歳までという年齢制限が設けられ、これから妊娠を望む女性にとっては深刻な状況になってきました。

本書では、皇太子妃・雅子さまの主治医を務め、不妊治療の権威にして、「お産の山王」で知られる山王病院の院長・堤治氏が、
妊娠の本質となる卵子のこと、セックスのこと、パートナーとなる男性とのこと、食事のことなど、妊娠力をつけるために今できることを伝えます。
  • 本書の主な項目

第1章 妊活が気になるなら覚えておきたい、夫婦のカラダのこと
第2章 女性なら知っておきたい、不妊のこと
第3章 産めるカラダのためにトライしたい、妊娠力アップの習慣
第4章 妊娠力の要! いいセックスのすすめ
第5章 妊娠・出産・不妊に関するQ&A
  • 著者紹介

堤 治(つつみ おさむ)

医療法人財団順和山王病院院長・国際医療福祉大学大学院教授。

東京大学医学部卒業。東京大学医学部産婦人科教授を経て、2008年4月から現職に就任。
東宮職御用掛として、雅子妃殿下の主治医を担当。生殖医療全般を広く行う専門医であり、
なかでも子宮内膜症や子宮筋腫に対する腹腔鏡下手術に多くの実績を持つ。
また、環境ホルモンにも詳しい。自身のホームページやブログ、講演会などで女性医療の啓発にも力を入れている。
『授かる』(朝日出版)、『女性の病気と腹腔鏡』(かまくら春秋)など著書も多数。
  • 【商品情報】

著 者:堤 治(つつみ おさむ)
定 価:本体1100円+税
ページ数:144ページ
判 型:四六判
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 「お産の山王」で知られる山王病院の院長が教える「高齢出産」「不妊」に勝つ、妊娠力のつけ方