美容業界関係者必読!プラットフォーム・ビジネスを徹底解説した『サロン進化論 デジタルツールが切り拓くサービス⾰命』発売

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(本社:東京都千代田区、取締役社長:谷口奈緒美)は2021年10月22日に『サロン進化論 デジタルツールが切り拓くサービス⾰命』(柿坂正樹・著)を刊行しました。
 

 
  • 苦境に立たされる美容業界

近年、ECの発達や人口の減少など、環境は大きく変化しており、そのなかでも美容業界は厳しい状況に置かれています。
さらに、新型コロナウイルスの蔓延により、集客の減少・山積の在庫・連鎖する閉店、と追い打ちをかけられています。

美容業界にたずさわる人は「優れた技術と良いサービスを提供し続ければ、お客さまは来てくださる」と考えます。
それはもちろん大切なことですが、コロナ禍の現在、それだけでは生き残っていけません。
しかし、いったい「何を、どうすればいいのか」がわからない、と頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

今ビジネスの世界では、DX(デジタルトランスフォーメーション)が推進されています。
生き残るためには、美容業界もこの時代の変化に追いついていくことが必要です。

「でも、自分にはデジタルトランスフォーメーションなんて難しいことは無理だ」と思うかもしれませんが、じつはスマホがあれば簡単に実現が可能です。
美容業界のデジタル化が進むことは、お店とお客さまとのつながりを強化します。
そればかりか、美容業界の活性化によって、人と人とが利益を分け合う文化が生まれ、地域のコミュニティを創生することも可能なのです。
 
  • これからの店舗経営を有利にする「プラットフォーム・ビジネス」

本書では、これからの店舗経営を有利にする「プラットフォーム・ビジネス」を徹底解説していきます。
サロンオーナー、サロンスタッフ、サロンに商品を卸すメーカーなど、美容サービスにかかわるすべての人に、これからの時代に必須となる「美容業界のデジタルトランスフォーメーション」について紹介します。

本書の著者は、「DADA」という美容サロンのための美容商材販売アプリを開発し、DADA integrate株式会社の代表を務める柿坂正樹氏です。
20年以上美容業界に尽力し、道を切り拓いてきた著者が、DADAアプリを例にしながらプラットフォーム・ビジネスに参画し、自らを変化させていく方法を紹介していきます。
 


プラットフォーム・ビジネスとは何か?という基礎的なところから、プラットフォーム・ビジネスの始め方とメリットを、サロンユーザー、サロン、メーカーの視点で解説。そして、美容業界の未来について、考察しています。
 
  • 書籍概要

​【目次】
第1章 美容業界は今、恐竜絶滅の時代にいる
第2章 プラットフォームビジネスとは何か?
第3章 あなたにもできるプラットフォーム!
第4章 進化することで未来は変わる
おわりに

【著者情報】
柿坂 正樹(かきさか まさき)
1961年生まれ 奈良県出身。
26歳で健康機器販売会社を起業しその後、独学でエステティックサロンを開業。奈良・大阪で5店舗を展開。一方で業界専売美顔器メーカーを手掛けるも、ネット市場でのブランド毀損への危機を感じ、対抗策として小売店に特化したプラットフォーマーを志す。その後、 DADAアプリ開発に着手。2019年にビジネスモデル特許を取得。現在、本システムを運営するDADA integrate株式会社の代表を務める。

【書籍情報】

タイトル:『サロン進化論 デジタルツールが切り拓くサービス⾰命』
発売日:2021年10月22日
刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
仕様:四六判/176ページ
ISBN:978-4-910286-05-1
定価:1650円(税込)

【本書のご購入はコチラ】
Amazon https://amzn.to/3FJC6lB 
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/16890381/ 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン >
  3. 美容業界関係者必読!プラットフォーム・ビジネスを徹底解説した『サロン進化論 デジタルツールが切り拓くサービス⾰命』発売