Microsoft 365ユーザー向け誤送信対策サービス「Outbound Security for Microsoft 365 (仮称)」モニター募集のお知らせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、Microsoft 365(旧称Office 365)ユーザー向けに、メールの誤送信防止とメールでのファイル交換を安全かつ簡単に実現できるクラウドサービス「GUARDIANWALL Outbound Security for Microsoft 365 (仮称)」における無料モニターを先着50社にて募集します。
 

 

 

利用イメージ利用イメージ

 

「Outbound Security for Microsoft 365」は、「送信前確認」と「添付ファイルダウンロードリンク化」の機能により、電子メールの誤送信を抑止するサービスです。
「送信前確認」はメール送信前にポップアップを表示し、宛先・本文・添付ファイルを目視確認したうえでメール送信することにより、誤送信や情報漏えいリスクを減らします。
また「添付ファイルダウンロードリンク化」は、メール送信時に添付ファイルを自動的にサーバーへアップロードし、受信者がファイル取得できるURLをメール本文に自動挿入します。メール送信後、送信者が管理画面から宛先とファイルを確認したうえで対象のファイルを公開設定することができるため、利便性を損なうことなく適切なファイルを適切な宛先に送信することができます。
この度、昨今是非が問われているZIP暗号化の代替手段にもなりえる本サービスの正式リリースに向け、ユーザーニーズをより一層反映していくために無料モニターを先着50社にて募集します。

■無料モニターご利用のおすすめポイント
〇メールの誤送信対策を検討しているがどのような対策を行うべきかお悩みのお客さま向けに、下記の機能をモニター期間中無償でご利用いただけます。
 1)送信前確認機能による、誤送信抑制
 2)「添付ファイルダウンロードリンク化」による添付ファイルの送信
〇モニターに参加されたお客さまには、正式版リリース後、初年度に限り定価の50%OFFでご提供いたします。
<ご提供の条件>
申込期限:正式リリース後、1年以内のお申込みのみ有効
申込条件:最低ユーザー数 10ユーザー
契約単位:10ユーザー単位
最低利用期間:1年間
※一部変更する可能性があります。

■サービスモニター募集詳細
〇モニター募集期間:2021年1月15日(金)~2021年3月31日(水)
〇サービス利用期間:お申し込み日から2021年6月30日(水)まで
〇モニター料金:無料
〇モニター募集社数:先着50社
〇ご利用条件:
モニターにご応募いただける方は、以下の条件すべてに同意いただけるお客さまを対象といたします。
(1)サービス利用約款に合意いただけること
(2)サービス仕様書の利用条件を満たすこと
(3)Microsoft 365管理センターの設定変更をご自身で実施いただけること
(4)モニター終了後、Microsoft 365管理センターから設定を戻していただけること
(5)モニター期間中、およびモニター終了時に弊社アンケートに無償でご回答いただけること
(6)本サービス以外の費用(Microsoft365 など)はお客さま負担であること
(7)1社100名以上のモニター利用については、別途ご相談をする場合があることをご了承いただけること
(8)GUARDIANWALL「Mailセキュリティ・クラウド」との併用は不可となることをご了承いただけること
〇注意事項:
 ・オンライン環境でのご利用が前提のサービスです(オフライン環境ではご利用いただけません)。
 ・以下の添付ファイルは、ダウンロードリンク化されずに送信されます。
  Outlookアイテム(メール、予定表、連絡先)
  OneDriveまたはSharePointのファイルへの共有リンク
  HTMLまたはリッチ テキスト形式のメール本文内画像
 ・その他ご利用上の注意点については、お申し込み受付後にお送りするサービス仕様書にてご確認ください。
〇お申し込み方法:
下記ホームページのお問い合わせ・お申し込み(フォーム)よりご連絡ください。お問い合わせの際、フォームの「内容」に「モニター希望」とご記載をお願いいたします。
お問い合わせ受付後に、弊社よりお送りするご利用約款に同意の上、お申込書に記載ください。
https://cweb.canon.jp/product/it-sec/topics/210115.html
 

■ サービス仕様
〇機能
送信前確認機能 Outlookアプリからメールの送信を行う時に、
「送信確認画面」を表示して、メールの内容に誤りが無いか目視確認することができます。
添付ファイルダウンロードリンク化機能 Outlookアプリから添付ファイル付きのメールの送信操作を行うと、
添付ファイルが自動的にクラウド上のサーバーに転送され、
メール本文に添付ファイルのダウンロード先のリンクが付加されます。
送信者はメールを送信した後、
Outlook上の添付ファイル管理画面から宛先とファイルを確認し、
対象のファイルを公開に設定することで、
受信者へファイルを安全に送出することができます。

 

〇 動作環境
 ・Microsoft 365
Exchange Online Microsoft 365サブスクリプションサービスの契約にExchange Onlineが含まれている必要があります。
 ※Outlook for Windowsの場合、アカウント設定でMicrosoft Exchangeアカウントと連携(Microsoft 365サブスクリプションサービスに接続)する必要があります。

 ・Outlookアプリケーション

Outlook for Windows 1.Windows 10 1903以降をご使用の場合
Microsoft 365 バージョン16.0.12130.20272以降(Microsoft 365 バージョン1910(ビルド12130.20272)以降)であること
2.Windows 8.1またはWindows 10(バージョンは問いません)をご使用の場合
 (1)Microsoft Edge WebView2ランタイムをインストール済みであること
 (2)Microsoft 365 バージョン16.0.13127.20082以降であること
※(1)と(2)両方の条件を満たす必要があります。
※Windows 10の場合、1.または2.のどちらかの条件を満たす必要があります。※上記以外の環境は動作保証外です。
Outlook on the web 
(旧称:OWA、Outlook Web App)
Microsoft Edge
Mozilla Firefox
Google Chrome
※上記以外のWebブラウザーは動作保証外です。
※モバイル版の表示の場合、アドインは動作しません。

 

* Windows、Microsoft、Microsoft360、Windows7、Windows8(8.1)、Windows10、Outlook、Office 365、OneDrive、SharePoint、 Edgeは、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
* Google Chromeは、Google Inc. の商標または登録商標です。
* Mozilla Firefoxは、米国 Mozilla Foundation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
* その他記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノンMJ >
  3. Microsoft 365ユーザー向け誤送信対策サービス「Outbound Security for Microsoft 365 (仮称)」モニター募集のお知らせ