鈴木康博インタビュー“元気であれば” 今語るオフコースの真実 「あのグラ」ビートルズ楽曲決定 電子版にも掲載

夕刊フジ(産経新聞社発行)は、8月16日(金)発行の紙面でシンガーソングライター、鈴木康博のインタビューを掲載しました。オフコース脱退の真相や音楽人生を振り返り、「あの頃青春グラフィティ」SPECIAL CONCERT(9月8日開催)への意気込みも語っています。記事は紙面のほか夕刊フジ電子版でも読めます。電子版については産経デジタル・サポートセンター(フリーダイヤル0120-200-188)へ。

鈴木康博鈴木康博

鈴木康博は昭和23年生まれで静岡県出身。高校在学中に、友人の小田和正らとオフコースを結成。45年シングル「群衆の中で」でデビュー。57年6月の歴史的な武道館10日間公演後、オフコースを離れ、翌年にアルバム「Sincerely」を発表し、ソロ活動を開始する。ソロとしてアルバム20枚以上をリリース。現在「元気であれば」ツアー全国展開中。

インタビューでは国民的な大バンド・オフコースのデビューから卒業までを洋楽の影響を交えながら語り、「今は“元気であれば“いい音楽ができる」と笑顔を見せました。

9月8日に東京・虎ノ門のニッショーホールで行われる「あの頃青春グラフィティ」SPECIAL CONCERTではオフコースの「一億の夜を越えて」などを歌う自身のコーナーのほか、原田真二、中村耕一(元JAYWALK)、芳野藤丸とのスペシャルユニットで、 “あの頃”のアイドルだったザ・ビートルズのヒットナンバーを演奏します。鈴木は「ビートルズには子供のころから馴染んできて、活動全てに影響を受けてきた。みなさんに喜んでもらえるライブにしたいです」と語っています。

当日演奏する楽曲はザ・ビートルズのヒットナンバーから「Help」「Hey Jude」「Twist and Shout」「While My Guitar Gently Weeps」の4曲に決定。ジョン、ポール、ジョージ、リンゴに影響を受けてきた4人がどんな素晴らしいハーモニーを聴かせてくれるのか、コンサートが期待されます。

【夕刊フジ電子版について】
夕刊フジ電子版サイト https://denshi.sankei.co.jp/application/fuji.html
産経デジタル・サポートセンター フリーダイヤル0120-200-188
購読料は月額1080円(税込み)で初月無料

【「あの頃青春グラフィティ」SPECIAL CONCERT概要】
日  時:9月8日(日)15時開演
場  所:ニッショーホール(東京都港区虎ノ門2-9-16)
料  金:前売り価格8000円、当日一般8500円(いずれも税込み)各種プレイガイドで発売中
公演についてのお問合せ:ディスクガレージ(☎050-5533-0888、平日12~19時)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 産経新聞社 >
  3. 鈴木康博インタビュー“元気であれば” 今語るオフコースの真実 「あのグラ」ビートルズ楽曲決定 電子版にも掲載