ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『泥棒役者』

国内最大級の映画情報サイト・ぴあ映画生活(ぴあ株式会社:東京都渋谷区)は、2017年11月17日、18日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表しました。

『泥棒役者』 (C)2017「泥棒役者」製作委員会『泥棒役者』 (C)2017「泥棒役者」製作委員会

第1位は、ある騒動に巻き込まれた“元泥棒”が、自分の素性を隠すためにさまざまな役柄を演じる姿をユーモラスに描いた、関ジャニ∞の丸山隆平の初主演作『泥棒役者』

第2位は、アレハンドロ・ホドロフスキーの青年時代を描いた自伝的な作品『エンドレス・ポエトリー』。第3位は、不思議な力を持つ日本人の少年クボがたどる壮絶な運命を、『コララインとボタンの魔女』を手がけたアメリカのアニメ制作会社ライカがストップモーションアニメで描く『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』に決定しました。

************************************
1位『泥棒役者』92.8点
2位『エンドレス・ポエトリー』89.9点
3位『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』89.7点
4位『こいのわ 婚活クルージング』89.6点
5位『GODZILLA 怪獣惑星』87.1点
6位『不都合な真実2:放置された地球』86.7点
7位『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』86.5点
8位『全員死刑』84.0点
9位『猫が教えてくれたこと』83.6点
10位『ローガン・ラッキー』83.3点
11位『まともな男』81.4点
12位『悪魔祓い、聖なる儀式』75.5点
(11月18日ぴあ調べ)
************************************

観客コメント
1位『泥棒役者』92.8点

「丸山さんのキャラと役柄がかぶっていて、人柄の温かさを感じた。最後のシーンはほっこりできて感動した。嫌なことがあっても、この映画を観ると前向きになれる!」(58歳・女性)
「笑いあり、涙ありの楽しい作品だった。登場人物は少ないが、どのキャストもよくて、内容が詰まっている」(33歳・女性)
「最初の展開が早くて、主人公がどんどんウソをついていくので、次はどうなるんだろう?と先が気になった。お人好しな感じが丸山くんにピッタリだった」(19歳・女性)

2位『エンドレス・ポエトリー』89.9点
「『生きるとは何か。キレイごとばかりじゃないはずだ』こんなメッセージが心に残った。詩的な要素があり、演出へのこだわりや映像に圧倒された」(48歳・男性)
「とにかくシュールで随所にホドロフスキーらしいシュールな表現があった。舞台と映画が入り混じったような作品でもあった」(56歳・男性)
「80代の監督だからこそ辿りつける境地というか、過去の経験にどういう意味があったのか?みたいな、長年生きないとわからないものが詰まっていた」(43歳・女性)

3位『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』89.7点
「手作りのキャラクターが動く躍動感とリアリティ、可愛らしさが印象的だった。主人公クボの成長と、心の広さに感動した」(28歳・男性)
「日本人が作ったのではないかと思うくらい、日本の文化が反映されていた。事前にどう作っているのか制作過程を調べてきたが、実際に映像を観てとても驚いた!」(50歳・女性)
「西洋っぽい感じを想像していたら、日本の和の文化が描かれていてよかった。親子の愛情が感じられる作品になっているので、家族で観てほしい」(50歳・女性)

※ぴあ映画初日満足度調査とは
ぴあ(株)が公開初日に映画館で出口調査を実施し、 観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表するもの。 
ぴあ映画初日満足度ランキング
http://cinema.pia.co.jp/ranking/ 
ぴあ映画生活
http://cinema.pia.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ぴあ株式会社 >
  3. ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『泥棒役者』