freee、アジア地域の「働きがいのある会社」ベストカンパニーに初選出

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■マジ価値サマリー(このお知らせでお伝えしたいこと)
  • 2021年版アジア地域における「働きがいのある会社」のベストカンパニーの1社に初選出
  • freeeは大企業部門で29位となりました
  • 国内では、ベストカンパニートップ10に7年連続で選出されています
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、Great Place to Work® Institute(以下、GPTW)がランキングする、2021年版のアジア地域における「働きがいのある会社」のベストカンパニーに選出され、大企業部門で29位となりましたので、お知らせいたします。

大企業部門にエントリーされている日本の企業としては、トップ5となります。

本ランキングは、GPTWが展開しているアジア地域(※)の中で、50万人以上の従業員を対象に、誰もが働きやすい職場を作るための重要な要因を調査し、選出しています。

(※)中国、香港、台湾、インド、日本、フィリピン、カタール、サウジアラビア、シンガポール、韓国、スリランカ、アラブ首長国連邦

freeeは国内のランキングでは、ベストカンパニートップ10に7年連続で選出されています。

・2021年版アジア地域における「働きがいのある会社」ランキング詳細
https://www.greatplacetowork.com/best-workplaces-international/best-workplaces-in-asia/2021?category=large

・freeeのミッションとビジョン https://corp.freee.co.jp/mission/
・freeeの職場環境と制度について https://jobs.freee.co.jp/benefits/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. freee >
  3. freee、アジア地域の「働きがいのある会社」ベストカンパニーに初選出