生活者起点での新たなまちづくりの拠点「nexusチャレンジパーク早野」を2022年4月7日に開業

まちづくりに参画する企業、行政や教育機関などのバディの本格募集を開始

東急株式会社と株式会社シグマクシス・ホールディングスは、多摩田園都市エリアにおける新たなまちづくりを目指す「nexus構想」(以下、本構想)の取り組みの第一弾として、2022年4月7日に「nexusチャレンジパーク早野」(以下、本施設)を開業します。あわせて、本構想に参画する企業、行政、教育機関といったバディ(以下、バディ)の本格募集を開始します。
本構想は、郊外における生活者起点での自由で豊かな暮らしの実現を目指し、「職」「住」「遊」「学」近接・融合型の「歩きたくなるまち(Walkable Neighborhood)」を創り出す取り組みです。本構想の拠点となる本施設は「農と食」というサステナブル・テーマを掲げ、地域住民が日常的に自由に活用する場、およびバディの新サービス開発や実証実験の場として運営を開始します。

本施設には、自然豊かな立地を生かした、生活者同士の交流の場となる計4つのエリアがあります。
「Niji Farm(ニジファーム)」は、利用者によって自律的に運営される、シェアリング型の会員制コミュニティファームです。野菜を育て、収穫した野菜を共に食すという、農体験を介した地域の共助(コモンズ)として、持続的な畑の運営を目指します。加えて、近接の森林木材で焚き火を楽しみながら、火の使い方を学ぶ「Fireplace(ファイヤープレイス)」や、養蜂やカブトムシの育成などを通じて生態系を学ぶ「生き物の森」、地産地消マルシェや各種イベントなどに活用できる多目的エリア「nexus Lab(ネクサスラボ)」で構成されます。nexus Labは、地域の生活者は個展やフリーマーケットの開催、仲間同士の集まりといったさまざまな用途に活用できます。バディは新サービスや事業に生活者視点でのフィードバックを得る、あるいは新たな顧客層とつながり新しいライフスタイルを創造するといった、試行錯誤の場として活用することができます。

本構想は、“住まう=郊外中心”、“オフィス・商業=都心中心”という従来の考え方から離れ、生活におけるさまざまな地域の共助を増やし、新しい価値を創り出す取り組みです。本施設での「農と食」に続き、今後は「エネルギー」、「モビリティ」、「資源循環」、「ウェルネス」、「教育」といったサステナブル・テーマでも、共助の拠点や仕組みを構築していきます。

両社は、本施設の開業にあたり、バディの本格募集を開始し、多様なバディと連携して生活者起点での新しい取り組みを進め、生活者の自由で豊かな暮らしの実現を目指します。

▲nexusチャレンジパーク早野▲nexusチャレンジパーク早野

 

▲Niji Farm▲Niji Farm

 

▲Fireplace▲Fireplace

▲nexus Lab▲nexus Lab

▲生き物の森▲生き物の森

                                               以  上
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東急 >
  3. 生活者起点での新たなまちづくりの拠点「nexusチャレンジパーク早野」を2022年4月7日に開業