32V型 8K液晶ディスプレイを発売

高精細コンテンツの制作・編集を支援するカラーマネジメントディスプレイ8Kの圧倒的な表現力と多彩なカラーマネジメント機能により、写真や映像を忠実に映し出す

シャープは、8Kの圧倒的な表現力と多彩なカラーマネジメント機能により、写真や映像などを忠実に映し出し、高精細コンテンツの緻密な制作・編集作業を支援する32V型 8K液晶ディスプレイ<8M-B32C1>を発売します。

本機は、卓上などの限られたスペースにも設置しやすい32V型 8K液晶パネルを搭載しました。約280dpiの高密度表示により、被写体の質感や陰影までをリアルに映し出すので、写真や画像の細部までを確認しながら、効率的にレタッチ・編集作業が行えます。また、HLG方式とPQ方式、2つのHDR映像に対応(※1)しているので、TV番組や映画、ネット配信動画など、幅広いジャンルの動画コンテンツの制作でも活用いただけます。ピーク時1,000cd/平方メートル・全白時800cd/平方メートル(※2)の高輝度と、100万:1(※2※3)の高コントラスト比、Rec.2020規格の85%をカバーする広色域表示により、広範囲の輝度と色情報を持つHDRコンテンツを、豊かな階調表現と鮮やかな色彩で再現します。

さらに、当社独自の「SHARP Advanced UCCT(※4)」技術を搭載。色ムラや輝度ムラを抑えた均一性の高い表示が可能です。定期的に表示の経年劣化を補正するハードウェアキャリブレーション(※5)にも対応しました。
  
■ 主な特長
1.卓上などの限られたスペースにも設置しやすい32V型 8K液晶ディスプレイ
2.HLG方式とPQ方式の2つのHDR映像に対応。幅広いジャンルの動画コンテンツの制作過程で活用できる
3.独自の「SHARP Advanced UCCT」技術により色ムラや輝度ムラを抑制
4.ハードウェアキャリブレーションに対応し、表示の経年劣化を補正可能
  
※1 8K入力の2系統のHDMI入力端子のみ対応します。
※2 輝度およびコントラストは、入力モードや映像調整の設定などにより変わります。また、輝度は経年により劣化します。一定の輝度を維持するものではありません。
※3 「ダイナミックレンジ拡張」が「モード2」または「モード3」の場合。
※4 SHARP Advanced Uniform Color Calibration Technologyの略です。
※5 専用ソフト「SHARP Display Calibration Utility」と市販の測色センサーが必要です。「SHARP Display Calibration Utility」はインターネットを通じて提供します。

  
※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
   ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
  https://corporate.jp.sharp/news/210608-a.html

【画像ダウンロードサービス】
  https://corporate.jp.sharp/press/p210608-a.html
 
  1. プレスリリース >
  2. シャープ >
  3. 32V型 8K液晶ディスプレイを発売