九段下駅での乗換えが便利になります

~お客様の利便性向上を目指して~2020年3月から3線共通改札口及び乗換エレベーターの供用開始

 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)と東京都交通局(東京都新宿区、交通局長:土渕 裕)では、サービス一体化の取組の一環として、東京2020大会の会場最寄り駅の一つである九段下駅において、東京メトロ東西線及び半蔵門線、都営新宿線の更なる乗換利便性向上を目指し、2017年10月から工事を進めてきました。このたび、3線共通改札口及び乗換エレベーターについて、2020年3月に供用開始することとなりましたので、お知らせいたします。
 供用開始する駅設備の概要は以下のとおりです。

(1)3線共通改札口 (2020年3月14日(土)供用開始)
 地下3階に設置している既存改札口4か所(半蔵門線及び新宿線)を撤去するとともに、地下2階の改札口2か所(東西線)を移設し、3線共通改札口とします。これにより改札口を出ることなく、東西線と半蔵門線、新宿線との乗換えが可能になります。

(2)乗換エレベーター(2020年3月28日(土)供用開始)
 靖国神社・武道館方面側に地下4階(半蔵門線及び新宿線ホーム)、地下3階コンコース及び地下2階(東西線ホーム及び改札口)を結ぶ乗換エレベーター(20人乗り)を3基整備します。これにより東西線(中野方面)と半蔵門線、新宿線とのエレベーターでの乗換えが便利になります。
 
 今後も、両社局では、お客様の利便性向上に努めてまいります。

   3線共通改札口イメージ(靖国神社・武道館方面改札)


             駅設備供用開始後の九段下駅構内図(イメージ)

 

 

   
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京メトロ >
  3. 九段下駅での乗換えが便利になります