選択肢が多様化する現代の ”選択難民” に朗報!3択サービス「さんたクン」と連携した新サービスの実証実験を開始

~今の気分を3つの選択肢から選ぶだけで、最適なマンガ3点を提示!~

大日本印刷株式会社(DNP)が株式会社丸善ジュンク堂書店、株式会社文教堂及び株式会社トゥ・ディファクトと共同で運営するハイブリッド型総合書店「honto (https://honto.jp/)」は、2021年12月8日(水)より、株式会社WATERが中心となり立ち上げた「タイムリーヒットプロジェクト」が開発・提供する3択サービス『さんたクン』と連携して、新サービスの実証実験を開始しました。
「さんたクン」とは、未来に飛躍的に増加するであろう“選択難民”を救う心地良い情報の提案を社会に広めていきたいと、株式会社WATERが中心となり立ち上げた「タイムリーヒットプロジェクト」が開発・提供するサービスです。溢れる情報の中からその瞬間・その人に心地よいと思われる情報を独自のアルゴリズムにより選定し3つの選択肢で提案します。「さんたクン」から出題される3択の質問に回答すると、hontoの商品情報から回答者にオススメのマンガ3点が提示され、購入まで可能となります。


■「さんたクン」のご利用方法
https://santakun.jp にアクセスいただき、表示される3択の質問にその時々の気持ちにそって回答を選択すると、最適なマンガを3択でご提案します。


■「さんたクン」の提案を可能とする「タイムリーヒットプロジェクト」開発のデータベースとは
「さんたクン」の提案する書籍は、全国の15~59歳の男女1,000人を対象に株式会社WATERが実施した「マンガ好きの人が、マンガ好きの人に、オススメしたいマンガ」についてのアンケート結果をもとに構築されたデータベースを根拠としています。また、同アンケートから作品ごとに、巻数、読了までのボリューム感、独自で分類した61の感情タグを活かした読後感、これらを約1,500作品に対して定義付けした事で、シーンや気分に合わせてタイムリーなマンガとの出会うことができるデータベースに仕上げました。
※アンケートは株式会社WATERが2021年3月3日~5日に実施


<タイムリーヒットプロジェクトについて>
 未来に飛躍的に増加するであろう“選択難民”を救う心地良い情報の提案を社会に広めていきたいという思いから、株式会社WATERが中心となりプロジェクトを立ち上げ、小西利行がクリエイティブディレクターを務めます。企画協力として株式会社電通、株式会社電通テック(+tech labo)、株式会社SIGNINGのメンバーが参加しています。
「さんたクン」から始まる「タイムリーヒット」は今後、大学などの研究機関と連携して、有益な情報とはなにか、それをいかに情報収集し、社会に提案できるかを研究する「タイミングリサーチ研究所」の設立や、世界中の様々な企業とコラボすることで、新しいサービスを生み出す活動「タイムリーコラボレーション」の実現を目指します。

<ハイブリッド型総合書店「honto」について>

「honto」は、ネット書店(本の通販ストア、電子書籍ストア)と、丸善、ジュンク堂書店、文教堂などのリアル書店を連携させた総合書店で、2012年5月にサービスを開始しました。「読みたい本を、読みたい時に、読みたい形で」提供するサービスで本を愛する人をサポートし、2021年10月に会員数680万人を突破しました。2021年12月現在、hontoサイトと共通で利用できるhontoポイントサービスは約180店舗で展開しています。
≪ハイブリッド型総合書店「honto」公式サイト https://honto.jp/ ≫


■大日本印刷株式会社 会社概要
・会社名:大日本印刷株式会社(Dai Nippon Printing Co., Ltd.)    https://www.dnp.co.jp/
・社長: 北島 義斉
・所在地:〒162-8001 東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号

■株式会社トゥ・ディファクト 会社概要
・会社名:株式会社トゥ・ディファクト(2Dfacto, Inc.)    https://www.2dfacto.co.jp/
・社長:田宮 幸彦
・株主:大日本印刷株式会社
・所在地:〒141-8001 東京都品川区西五反田3-5-20

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. hontoPR事務局 >
  3. 選択肢が多様化する現代の ”選択難民” に朗報!3択サービス「さんたクン」と連携した新サービスの実証実験を開始