西日本最大級の「関門海峡花火大会」を8月13日(月)に「J:COMチャンネル」で生中継

地域情報アプリ「ど・ろーかる」でもライブ配信、全国どこでも視聴可能

株式会社ジェイコム九州(所在地:福岡市中央区、代表取締役社長:徳田 瑞穂)と株式会社ケーブルネット下関(J:COM 下関、所在地:山口県下関市、代表取締役社長:鳥居 吉治)は2018年8月13日(月)に開催される「関門海峡花火大会」をJ:COMのコミュニティチャンネル「J:COMチャンネル」で生中継します。また、J:COMが提供する地域情報アプリ「ど・ろーかる」でもライブ配信*を行いますので、スマートフォンやタブレットで、全国どこでもご視聴いただけます。
*通信料はお客さまのご負担となります。

        「花火の精根」/アモンノッパラットタナクンパパーウィー(作)
 

     「海峡の華」/外尾 英介(作)
※写真は昨年の様子です

★番組特設ページ★
https://c.myjcom.jp/jch/p/kanmonhanabi/

毎年110万人以上が訪れる「関門海峡花火大会」は、日本で唯一、海と県境を越えて福岡県北九州市門司区と山口県下関市が共同で開催する花火大会で、今年で31回目を迎えます。門司側では音楽に合わせて大玉が打ち上げられる音楽花火、下関側では夜空を覆いつくすほどの1尺5寸の大輪花火と水中花火が、夏の夜空を彩ります。番組では、両岸から競うように打ち上がる約15,000発の花火の音と映像を臨場感たっぷりにお届けします。

今回の生中継を通じて、実際に会場に足を運ぶことが難しい市民の皆さんにもお楽しみいただける機会をつくるとともに、アプリでの配信により、全国の皆さんに関門海峡花火大会の魅力を伝え、地域の活性化につながればと考えております。

地域密着で事業展開するJ:COMは、各地域の祭りや花火、伝統文化行事、スポーツ、イベントなど、コミュニティチャンネルを通じて、これからも地域の皆さまに愛されるコンテンツの提供に努めてまいります。

<J:COMチャンネル放送概要>
[番組タイトル]
2018関門海峡花火大会【生中継】


[放送日時]
2018年8月13日(月) 19:30~21:00


[放送チャンネル]
J:COMチャンネル福岡 11ch
J:COMチャンネル北九州 11ch
J:COMチャンネル下関 12ch

※J:COM 対応済の建物にお住まいならどなたでも無料で視聴可能。

[視聴可能エリア]
J:COMサービスエリア

福岡エリア : 福岡市、古賀市、糟屋郡新宮町・粕屋町、糸島市、宗像市、福津市
北九州エリア : 北九州市、遠賀郡岡垣町・遠賀町・水巻町、中間市、直方市
下関エリア : 下関市
《視聴可能エリアを確認するには》
http://www.jcom.co.jp/area_search/?service_full=true
※サービスエリア内でも一部ご利用いただけない地域がございます。

[視聴可能世帯数]
約977,400世帯
 (2018年6月末現在)

[番組特設ページ]
https://c.myjcom.jp/jch/p/kanmonhanabi/
※放送内容は、予告なく変更になる場合があります。

<配信概要>
[配信日時]
2018年8月13日(月) 19:30~21:00
 
※荒天の場合は配信中止となります。

[アプリ名]
地域情報アプリ『ど・ろーかる』 


[アプリ価格]
無料

※通信料はお客さまのご負担となります。

[インストール方法]
Android 「Google Play ストア」 / iPhone  「App Store」にて「ど・ろーかる」で検索

《アプリ詳細、インストールはこちら》
http://c.myjcom.jp/rd/dolocal.html?cid=my_dolocal-004
※配信内容は、予告なく変更になる場合があります。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. J:COM >
  3. 西日本最大級の「関門海峡花火大会」を8月13日(月)に「J:COMチャンネル」で生中継