野木亜紀子氏が第37回(2018年度)向田邦子賞に決定!

向田邦子賞委員会と株式会社東京ニュース通信社が主催する、優れた脚本作家に贈られる向田邦子賞の第37回選考会が4月2日(火)に東京・渋谷で行われ、野木亜紀子(のぎあきこ)氏の受賞が決定いたしました。受賞作は、日本テレビにて2018年10月10日~12月12日に放送された「獣になれない私たち」です。

野木亜紀子氏(C)東京ニュース通信社野木亜紀子氏(C)東京ニュース通信社

授賞理由は、「『人間は進化の過程で色々なものを失った……』という劇中のセリフに象徴されるように、笑顔の裏で心をすり減らして生きる主人公と、誰も信用していない公認会計士の男の、恋かもしれないラブストーリー。タイトルが意味する『獣になれない……』というメッセージでもある。現代人が抱えるこの思いを、大人テイストで面白く生き生きと描いている。作者のこれまでの作品に観られた筆力が一味違うジャンルで発揮された。」というものです。

本賞の特製万年筆および副賞300万円の贈賞式は、2019年5月28日(火)18時30分より、帝国ホテル「光の間」にて行われます。

野木亜紀子氏(C)東京ニュース通信社野木亜紀子氏(C)東京ニュース通信社

<野木亜紀子氏プロフィール>
1974年東京都出身。2010年『さよならロビンソンクルーソー』で第22回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞し、同作で脚本家デビュー。テレビドラマ脚本に『空飛ぶ広報室』(TBS)、『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ)、『重版出来!』(TBS)、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)、『アンナチュラル』(TBS)、『フェイクニュース』(NHK総合)などがある。

第37回向田邦子賞(C)東京ニュース通信社第37回向田邦子賞(C)東京ニュース通信社

<向田邦子賞とは>
    故・向田邦子さんがテレビドラマの脚本家として、数々の作品を世に送り出し活躍してきた功績をたたえ、現在のテレビ界を支える優秀な脚本作家に送られる賞として、1982年に制定されました。主催は『TVガイド』を発行する東京ニュース通信社で、選考は歴代受賞者らによる向田邦子委員会が担当しています。前年度に放送されたテレビドラマを対象に、選考委員がノミネート作品を選定。本選を含めて4回の討議を経て受賞作品を決定しています。選考委員は池端俊策氏(※)、冨川元文氏、大石静氏、岡田惠和氏、井上由美子氏(向田邦子賞受賞順)。※今年度はスケジュール都合により、池端氏は選考に加わっておりません。4名による選考となります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東京ニュース通信社 >
  3. 野木亜紀子氏が第37回(2018年度)向田邦子賞に決定!