トラストバンク、「ふるさとチョイス災害支援」で令和3年静岡竜巻(突風)災害のふるさと納税の寄付を受付開始

静岡県牧之原市が災害支援の寄付申込みフォームを開設 ◇ 家屋半壊や工場倒壊、飛散したガラスや瓦礫でお茶畑の被害も

この度の令和3年静岡竜巻(突風)災害により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川村憲一、以下「トラストバンク」)は5月7日、ふるさと納税で被災自治体に災害支援の寄付ができる仕組み「ふるさとチョイス災害支援」( https://www.furusato-tax.jp/saigai/ )で、静岡県牧之原市で発生した竜巻とみられる突風被害の支援のため、牧之原市の「災害時緊急寄付申込みフォーム」を開設しました。寄付金は、被災地の復旧・復興に使われます。
 
  • ◆ 被災状況 (ふるさとチョイス災害支援ページより引用)
令和3年5月1日に発生した竜巻等の突風により市内において、住宅の屋根や壁がはがれるなどの半壊や一部損壊工場等の倒壊飛び散ったガラスや屋根瓦により市の特産品であるお茶への甚大な被害が出ています。現在全力を挙げ復旧作業を進めているところです。​

150年以上続く醤油醸造販売の土蔵作りの倉庫兼工場が全壊150年以上続く醤油醸造販売の土蔵作りの倉庫兼工場が全壊

倒壊した電柱倒壊した電柱

お茶畑に飛び散ったガラスや瓦礫、防霜ファンの倒壊お茶畑に飛び散ったガラスや瓦礫、防霜ファンの倒壊

寄付金につきましては迅速な復旧・復興への対応に使わせていただきます。皆様の温かいご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

トラストバンクは今後も「ふるさとチョイス災害支援」を通じて被災地の復旧復興を支援してまいります。

※ 寄付金は災害支援金のため、お礼の品はございません。
※ ふるさとチョイス災害支援は、自治体から寄付受付のためのサイト利用手数料をいただいておりません。
 
  • □■  「ふるさとチョイス 災害支援 令和3年静岡竜巻(突風)災害」の概要 ■□

 

ふるさとチョイス災害支援(静岡県牧之原市)受付ページふるさとチョイス災害支援(静岡県牧之原市)受付ページ

◆ 開設日時:5月7日9:30
◆ 支援先自治体:静岡県牧之原市
◆ URL:https://www.furusato-tax.jp/saigai/detail/1071
※ 最新情報は「ふるさとチョイス災害支援」サイトでご確認ください。
 
  • ◆「ふるさとチョイス災害支援」とは
2014年9月、ふるさと納税サイトで初めて開始。ふるさと納税を活用して被災自治体の復旧復興の寄付金を募る仕組み。契約の有無にかかわらず全国の自治体にプラットフォームを無償提供する。自治体はサイトで被災状況や寄付金の活用事例を報告できる。寄付者は、寄付金と一緒に被災地への応援メッセージを送ることができる。これまで30超の災害で募った寄付総額は累計69億円超(2021年5月時点)。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トラストバンク >
  3. トラストバンク、「ふるさとチョイス災害支援」で令和3年静岡竜巻(突風)災害のふるさと納税の寄付を受付開始