【生産から流通まで、農家によりそうWEBサイト】本誌と連動し、スマホで気軽に読める、農耕と園藝 ONLINE『カルチベ』が、本日公開!! 

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2019年2月23日(土)に、農耕と園藝ONLINE『カルチベ』をOPENいたしました。

90年以上の歴史を持つ農業専門誌『農耕と園藝』は、2019年春号(2月23日発売号)よりリニューアルし、これまでの高度な慣行栽培技術に加え、生産者が知っておくべき最新の流通情報や買い手である消費者を意識した有機栽培の技術情報認証に関する情報も網羅し、より洗練された内容をお届けします。

それに伴い、農耕と園藝はWEBサイト『カルチベ』をOPENしました。
https://karuchibe.jp

カルチベは英語で「耕す」=「cultivate」という言葉が元になっており、“生産から流通まで、農家によりそうWEBサイト”として、本誌と連動しながら、主に生産者が栽培現場でリアルに求めている農業の技術情報を発信します。

その背景には、今後、生産者が農業を続けていく上で「栽培する」だけでなく、「売り方」も考える経営者でなければ生き残れない時代に差し掛かっていることなどが挙げられます。

また、今、農業を担う生産者の世代交代は大きな転換期を迎えています。
主に60~70代が支えている現在の農業は、およそ5年で30~40代が多くを占める次世代へと引き継がれます。

そこで『カルチベ』では、本誌の技術情報誌という立ち位置は変えず、デジタルネイティブ世代のライフスタイルに寄り添った形でコンテンツを提供し、本誌と連動した情報提供を目指します。

記事項目は、最新の栽培技術や生産事例、スマート農業新規就農資機材紹介に関するマンガやスタッフがお届けする、心温まるブログなど多岐にわたります。

『農耕と園藝』と『カルチベ』は連動しながら、日本の食を担うすべての生産者を牽引する最先端技術情報とともに、営利農業に求められる情報を時代に添ったスタイルで発信します。

あなたもこれからの農業の未来を一緒に考えてみませんか?

 

【WEBサイト概要】
サイト名:農耕と園藝ONLINE「カルチベ」
公開時期:2019年2月23日(土)
記事項目:栽培技術・生産事例・資機材・スマート農業・新規就農・6次化 他
サイトURL:https://karuchibe.jp

【書籍概要】

『農耕と園藝』(季刊 2・5・8・11月23日発売)
定価:本体1500 円+税

【書籍のご購入はこちら】
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/15801984/
ヨドバシ.com:https://www.yodobashi.com/product/100000086600816359/
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B07NZSH64M
honto:https://honto.jp/netstore/pd-magazine_29493620.html
オムニ7:https://7net.omni7.jp/detail/1211400463

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社誠文堂新光社 >
  3. 【生産から流通まで、農家によりそうWEBサイト】本誌と連動し、スマホで気軽に読める、農耕と園藝 ONLINE『カルチベ』が、本日公開!!