UAVドローン市場ータイプ別(固定翼、VTOL、STUAS、MALE、HALE)、ペイロード別、コンポーネント別、アプリケーション別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.は、「UAVドローン市場ー世界的な予測2030年」新レポートを2021年07月26日に発刊しました。この調査には、UAVドローン市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-109237

UAVドローン市場は、2022年に349.3億米ドルの市場価値から、2030年までに1,134.0億米ドルに達すると推定され、予測期間中に18.32%のCAGRで成長すると予想されています。

ベンチャー資金の増加、商用アプリケーションでのドローン生成データの需要の増加、および急速な技術の進歩は、UAVドローン市場の成長の主な要因です。UAVドローンは、測量、検査、軍事、国土安全保障、メディアとエンターテインメント、精密農業など、多くの商業部門で目立つように使用されています。したがって、商用アプリケーションの需要は徐々に増加しており、世界のUAVドローン市場の成長を牽引しています。さらに、危険なタスク(従来の方法よりも高い精度と費用効果でユーティリティパイプラインを検査する)を実行する能力による商業部門での需要は、市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。しかし、セキュリティと安全性の懸念、およびプライバシーや迷惑の懸念などの社会的問題は、UAVドローン市場の成長を抑制する重要な要因です。

市場セグメント

UAVドローン市場は、タイプ別(固定翼、VTOL、STUAS、MALE、HALE)、ペイロード別(150および600 kgまで)、コンポーネント別(カメラ、センサー)、アプリケーション別(メディア・エンターテインメント、精密農業)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

コンポーネントに基づいて、カメラセグメントは予測期間中に市場の最大のシェアを保持すると推定されます。

カメラシステムは、UAVで継続的なビデオ監視、調査、リモート監視、国境警備、重要インフラストラクチャの保護、アクセスできない建物のサーモグラフィック検査、消防および法執行アプリケーションに使用されます。軍事および商用アプリケーション向けのカメラの高い採用率は、カメラセグメントの成長を推進する重要な要因です。

アプリケーションによって、精密農業セグメントは最も高い速度で成長すると推定されます。

精密農業セグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。ドローンは農業プランナーに役立ちます。正確な調査を実施するために必要な時間とコストを削減しており、リアルタイムのデータ収集、農地の高解像度画像、他の相対的な手法と比較して低コストなどの利点を提供します。これらの要因、および他の従来の農業技術に対するドローンの利点についての認識の高まりが、精密農業セグメントの成長を後押ししています。

地域概要

UAVドローン市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は2017年にUAVドローン市場の最大のシェアを占めました。しかし、アジア太平洋地域の市場は予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。この成長は、この地域での精密農業、検査と監視、および測量アプリケーション用の商用ドローンの数の増加に起因しています。さらに、南シナ海とドクラムをめぐる各国間の緊張の継続、およびテロと安全保障への懸念の高まりにより、この地域での軍用ドローンの使用が促進されると予想されます。

市場の主要なキープレーヤー

UAVドローン市場の主要なキープレーヤーには、Northrop Grumman(米国)、DJI(中国)、General Atomics Aeronautical Systems(米国)、Parrot(フランス)、Thales(フランス)、3DR(米国)、Boeing(米国)、PrecisionHawk(米国)、Lockheed Martin(米国)、 AeroVironment(米国)、Elbit Systems(イスラエル)、Israel Aerospace Industries(イスラエル)、YUNEEC(中国)、Leonardo(イタリア)、BAE Systems(英国)などがあります。この調査には、UAVドローン市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/uav-drones-market/109237

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. UAVドローン市場ータイプ別(固定翼、VTOL、STUAS、MALE、HALE)、ペイロード別、コンポーネント別、アプリケーション別、および地域別ー世界的な予測2030年