<世界13ヶ国で翻訳>リトアニアの国民的人気絵本『カケ・マケちゃんとかたづけエルフ』が遂に日本上陸!!

2019年11月27日(水)『カケ・マケちゃんとかたづけエルフ』刊行

株式会社世界⽂化社(東京都千代⽥区九段北/代表取締役社⻑:鈴⽊美奈⼦)は、世界13ヶ国で翻訳されているリトアニアの国民的人気絵本『カケ・マケちゃんとかたづけエルフ』を11月27日(水)に刊行しました。

■世界13ヶ国で翻訳!リトアニアの国民的人気の絵本
絵本の国リトアニアから初上陸。絵本の主人公「カケ・マケちゃん」は5歳の女の子。好奇心いっぱい、元気いっぱい。そんなカケ・マケちゃんには、すこし苦手なものがありました。それは「おかたづけ」。ある日、カケ・マケちゃんのおうちにかたづけ魔のエルフがやって来て・・・・。大変、カケ・マケちゃんの宝物がすっかり消えてしまいました。大切なものを取り返しに行くカケ・マケちゃんの冒険ものがたり。13ヶ国で翻訳された、世界一楽しい、しつけ絵本です。
 

 

 

■「カケ・マケちゃん」とは?
「カケ・マケちゃん」は、2010年に誕生した絵本シリーズです。「カケ・マケちゃん」シリーズのテーマは、子どもたちが苦手なものを克服していくというもので、本書の「おかたづけ」はじめ続編では「はみがき」「くらやみ」など万国共通。リトアニアの子供たちは、カケ・マケちゃんの絵本で「できなかったこと」を楽しみながら「毎日できること」に変えていきました。その独創的で好奇心旺盛、いたずら好きなヒロイン「カケ・マケちゃん」は、たちまち子供たちの心をつかみました。本国では、TV番組になりミュージカルも上演。お菓子・飲料水、生活用品のパッケージにも登場し、リトアニアで「カケ・マケちゃん」を知らない子供はいないほど。そんな大人気「カケ・マケちゃん」シリーズを、ぜひ日本の子供たちにも届けたいという、駐リトアニア特命全権大使・山崎史郎氏、山崎裕子夫人の想いもあり日本版が実現しました。
 

リトアニアの読み聞かせの様子リトアニアの読み聞かせの様子

リトアニア国内の書店の様子リトアニア国内の書店の様子

 

著者(作・絵)/リナ・ジュタウテ著者(作・絵)/リナ・ジュタウテ

著者(作・絵)/リナ・ジュタウテ 
イラストレーター、絵本作家。1973年リトアニア・シャウレイ市生まれ。「カケ・マケちゃん」は作者が当時3 歳だった息子のために創って、朝に晩に話して聞かせたお話。それを絵本にした『カケ・マケちゃんとかたづけエルフ』は2010 年リトアニア共和国最優秀児童図書に選定される。その後、「暗やみ」「歯みがき」など子どもが苦手な日常習慣を楽しみながら身につける絵本としてシリーズ化され、「カケ・マケちゃん」は現在8 タイトルある。ミュージカルやテレビ番組になるなど、国民的人気を博し、リトアニア以外では13か国で翻訳出版されている。
公式HP https://kakemake.lt/lt
日本語版・文/正岡慧子 
絵本・童話作家。1941年広島県生まれ。主な作品に『きつねのたなばたさま』(世界文化社)、『ぼく、まってるから』(フレーベル館)、『探偵犬スコットと仲間たち』(PHP研究所)他多数。読み聞かせ活動にも力を注いでいる。

日本語翻訳/瀬戸はるか
1972年東京都生まれ、東京外国語大学卒業。1999 年よりリトアニア在住。在リトアニア日本国大使館勤務。

 








<刊行概要>
『カケ・マケちゃんとかたづけエルフ』
作・絵/リナ・ジュタウテ
発売日:2019年11月27日(水)
定価:1,200円+税
発行:株式会社世界文化社
※一部地域により発売日が異なる場合があります。
https://www.sekaibunka.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社世界文化ホールディングス >
  3. <世界13ヶ国で翻訳>リトアニアの国民的人気絵本『カケ・マケちゃんとかたづけエルフ』が遂に日本上陸!!