電子棚ラベル(ESL)市場ーコンポーネント別(ディスプレイ、バッテリー、トランシーバー、マイクロプロセッサー、その他)、製品タイプ別、通信技術別、店舗タイプ別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.は、「電子棚ラベル(ESL)市場ー世界的な予測2030年」新レポートを2021年07月26日に発刊しました。この調査には、電子棚ラベル市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-109206

電子棚ラベル市場は、2022年に926.8百万米ドルの市場価値から、2030年までに4,173.3百万米ドルに達すると推定され、予測期間中に23.98%のCAGRで成長すると予想されています。

市場の成長は、リアルタイムの製品ポジショニングによる運用効率の向上、紙ラベルのよりコスト効率が高く時間のかからない代替手段、トレンドの小売自動化などの推進要因に起因する可能性があります。さらに、スーパーマーケット、モール、店舗などの数の増加、および労働力の利用可能性の低下も、市場の成長を促進すると予想されます。このシステムはメンテナンスコストが低いため、小売業界はこのシステムが小売業者にとって効果的に有益であることが証明されており、電子棚札システム市場の市場プレーヤーに大きな機会をもたらしています。また、インダストリー4.0の統合、およびバッテリーフリーソリューションやマルチカラーのePaperなど、ESLの高度なテクノロジーの出現は、電子シェルフラベル市場の成長にプラスの影響を与えります。

しかし、インストールとサポートインフラストラクチャの高額な費用は、ESL市場の成長を抑制する可能性があります。

市場セグメント

電子棚ラベル(ESL)市場は、製品タイプ別(LCD、セグメント化されEペーパー、フルグラフィックEペーパー)、通信技術別(RF、IR、NFC)、店舗タイプ別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、その他)、コンポーネント別(ディスプレイ、バッテリー、トランシーバー、マイクロプロセッサー、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

コンポーネントに基づいて、ディスプレイセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長する可能性があります。

このセグメントの最大なCAGRは、さまざまな液晶ディスプレイ(LCD)とフルグラフィック電子ペーパーディスプレイが含まれていることに起因しています。フルグラフィックスとLCDESLの急速な採用も、エンドユーザーの間でディスプレイコンポーネントの需要を推進しています。LCDの情報がはっきりと見えるようになっており、狭い棚でも、製品の視認性を高めるために小さな液晶画面を備えたESLが設置されています。フルグラフィックのEペーパーESLは、価格、QRコード、バーコード、およびその他のメッセージを1つの画面に表示します。ディスプレイのこれらの利点は、市場でのESLの採用を加速させています。

製品タイプに基づいて、フルグラフィックEペーパーセグメントが2016年にESL市場で最大のシェアを占めました。

フルグラフィックEペーパーセグメントの最大の市場規模と最大のCAGRは、これらのESLに大きく依存しているTierIおよびTierII小売業者からの価格自動化に対する需要の高まりに起因しています。これらのESLは、グラフィックコンテンツと情報をサポートします。さらに、完全なグラフィカルEペーパーESLは、顧客の注目を集め、店内のコミュニケーションを動的にするための鍵です。

地域概要

電子棚ラベル市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋地域のESL市場は、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。グローバル化、およびアジア太平洋地域の組織化された小売りの開発は、予測期間中にアジア太平洋地域の市場の最大なCAGRに貢献する可能性があります。さらに、APACの小売業者(つまり、ESLエンドユーザー)が小売市場の継続的な傾向に追随する準備ができていることも、この地域のESL市場の成長につながります。さらに、日本はAPACのESLの主要な採用者であり、APACの市場の成長に貢献しています。さらに、オーストラリアでは人件費が高く、オーストラリアの小売業者はさまざまな製品の販促活動を最大化するために価格管理に多額の費用を費やしています。これも、この地域の市場の成長を牽引すると予想されます。

市場の主要なキープレーヤー

電子棚ラベル(ESL)市場の主要なキープレーヤーには、以下のとおりです:
  • Pricer (スウェーデン)
  • SES-imagotag (フランス)
  • Samsung Electro-Mechanics (韓国)
  • E Ink Holdings (台湾)
  • Displaydata (英国)
  • M2Communication (台湾)
  • Diebold Nixdorf (ドイツ)
  • Opticon Sensors Europe (オランダ)
  • Teraoka Seiko (日本)
  • NZ Electronic Shelf Labelling (ニュージーランド)
この調査には、ESL市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/electronic-shelf-label-market/109206

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 電子棚ラベル(ESL)市場ーコンポーネント別(ディスプレイ、バッテリー、トランシーバー、マイクロプロセッサー、その他)、製品タイプ別、通信技術別、店舗タイプ別、および地域別ー世界的な予測2030年