三浦百恵さん「キルトに魅せられて」未公開写真も/草刈正雄さん「ただいま、家庭画報!」

2019年11月30日(土)『家庭画報1月号』発売

11月30日(土)発売、新春特大号『家庭画報1月号』では、お正月にふさわしい特別企画が満載。「草刈正雄という人生」では、今再び注目を集めている草刈正雄さんの『家庭画報』との知られざるエピソードをはじめ、現在に至る道のりを語っていただきました。また、「鷲沢玲子さんが伝える手仕事の心 キルトに魅せられて」では、鷲沢玲子さんの愛弟子・三浦百恵さんとの未公開写真とともに、キルトの魅力をお届けします。(※三浦百恵さんの「恵」は、旧字が正式です)


■かっこよくてチャーミングな、その素顔に迫る「草刈正雄という人生」

NHK連続テレビ小説『なつぞら』での存在感ある演技も記憶に新しいところ。2020年に芸能生活50周年を迎える草刈正雄さんは、今なお、いえ、今いっそうの輝きを放っています。光あれば影もまた濃く。貫き通すと決めた役者の道、折々に訪れた大切な出会い。『家庭画報』との縁のあるエピソードをはじめ、幼少時代から現在に至る道のりを語り尽くします。

「いやあ、『家庭画報』さんにね、こんなふうに呼んでいただける日が来るとは思っていなかったですよ」草刈正雄さんは開口一番、小誌にまつわる思い出を披露してくれました。それは定時制高校に通いながら家計を助けるためにアルバイトに明け暮れていた頃。地域を回って本や雑誌を売る、いわゆる訪問販売で生活費を稼いでいた正雄青年。それは小社の販売会社で、数ある本の中に『家庭画報』がありました。 (家庭画報1月号「草刈正雄という人生」より)

 


■鷲沢玲子さん・三浦百恵さんが伝える手仕事の心「キルトに魅せられて」
「キルト」とは、表布とキルト芯と裏布の三層を、ステッチで縫い合わせたものの総称です。キルト作家の第一人者、鷲沢玲子さんとその愛弟子、三浦百恵さんの作品を通して、一針縫うごとに人生が豊かになる、手仕事の魅力をお届けします。

1970年代に「山口百恵」の名で絶大な人気を誇った三浦さんが、鷲沢さんの生徒になったのは32年前。年齢はひと回り以上離れていたものの、次男同士が同い年だったこともあり、すぐに打ち解けていきました。キルト作家としての三浦さんを、鷲沢さんは「原色なども使った配色が巧み」と評します。そして、「制作中の集中力が素晴らしい。普通、キルトを作るときの集中力というのは徐々に身についていくものですが、三浦さんは最初から身につけていました。」(家庭画報1月号「キルトに魅せられて」より)

 

■2020年注目のアスリートがまとう ツキを呼ぶ晴れ着
東京2020オリンピックでの活躍が期待される新体操女子団体のみなさんと、スポーツクライミングの楢崎智亜さん。鍛え抜かれたアスリートの体に、松竹梅や宝尽くしなど「ツキを呼ぶ」文様の晴れ着がよく映えます。オリンピックの舞台でも、この眩しいほどの笑顔が咲き誇りますように!


 

■【新春3大付録】
1. 別冊付録 2020東京美景カレンダー
2. 別冊付録 LOUIS VUITTON BOOK 人生を豊かにする「ルイ・ヴィトン」
3. 特別ページ「家庭画報の旅」 2020年ゴールデンウィーク海外旅行ツアー募集のお知らせ

※プレミアムライト版は【新春2大付録】になります。
1. 綴込付録 ベートーヴェン名曲CD
2. 特別ページ「家庭画報の旅」 2020年ゴールデンウィーク海外旅行ツアー募集のお知らせ

 

 

『家庭画報 1月号』
特別定価/1,500円(税込)
『家庭画報 1月号 プレミアムライト版』
定価/1,222円(税込)
発行/世界文化社
https://www.kateigaho.com

《目次》
現代アートは語る/住谷晃一郎
心を整える言葉/川野泰周
残したい日本の音風景/細野晴臣
茶の湯の“銘”の物語/小堀宗実

EDITOR’S REPORT エディターズレポート
令和へと受け継がれた「応援」の新しい形
皇室とパラリンピック

心潤す感動の時間
富士山を望む宿

〈新春2大クラシック特集〉
生誕250周年特別企画 6人の識者が愛とともに語る
ベートーヴェンの力の源を求めて

ウィーン・ボン・ケルン8日間ツアー募集のお知らせ

芸術都市ロシア サンクトペテルブルクへ
美しき「白夜祭」への招待

サンクトペテルブルク・モスクワ9日間ほかツアー募集のお知らせ

鷲沢玲子さん・三浦百恵さんが伝える手仕事の心
キルトに魅せられて

かっこよくてチャーミングな、その素顔に迫る
草刈正雄という人生

梶川芳友×内田也哉子
樹木希林のことばの種
─母の生き方の原点を探して─

新たな御代を寿ぐ
伊勢神宮のお正月

土井善晴さんと考える
令和の新・お正月料理

My Delicious 喜ばれる手土産

1月のファッション見聞録

1月のジュエリー見聞録

2020年注目のアスリートがまとう
ツキを呼ぶ晴れ着

新春“アンチエイジング”対談
藤 あや子×坂本冬美

ラグジュアリーの真実/SHISEIDO

美容歳時記/ランコム

2020年“時代の顔”の特別対談
新しい年に想いをのせて
林 真理子×田中 圭
石原良純×長嶋一茂

特別取材 尾張徳川家・千代姫ゆかりのお道具
新年を寿ぐ 国宝・「初音」の調度

令和を駆ける
歌舞伎界の若き獅子たち

家庭画報オリジナル「肩から支える首美人枕」

きものSalon通信
家庭画報ドットコム通信
アクティブレスト/藤木直人ほか
読者のひろば
こころとからだといのちの医学 他

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社世界文化ホールディングス >
  3. 三浦百恵さん「キルトに魅せられて」未公開写真も/草刈正雄さん「ただいま、家庭画報!」