スタート&フィニッッシュ地点からランナーたちの姿をお届け「第43回札幌マラソン」を10月7日(日) 「J:COMチャンネル札幌」で生中継!

YouTubeや地域情報アプリ「ど・ろーかる」によるライブ配信も

株式会社ジェイコム札幌(J:COM 札幌、所在地:札幌市豊平区、代表取締役社長:岩本 好正)は、10月7日(日)に真駒内セキスイハイムスタジアムで行われる北日本最大級のハーフマラソン大会「第43回札幌マラソン」の模様を、J:COMのコミュニティチャンネル「J:COMチャンネル札幌」(地デジ11ch)で生中継します。

                   <第42回札幌マラソンの様子>

札幌マラソンは、秋の札幌市内を駆け抜けるハーフマラソンの他、10kmや5km、小中学生による2km、3km、車イス競技、親子で走るファンペアなど、幅広い世代の市民ランナーが参加できるマラソン大会で、約1万4000人が参加します。

番組では、本大会の全種目のスタートとフィニッシュ地点にスポットをあて、生中継します。フィニッシュ後のランナーたちへのインタビューを中心に、スタート前のランナーたちの表情、感動のフィニッシュシーンなど札幌マラソンの魅力を5時間に渡る生中継でたっぷりとお伝えするほか、賑わいを見せるスタジアム外のブースも紹介していきます。また、10月20日(土)からは生中継の模様を1時間にまとめたダイジェスト番組も放送します。

さらに、生中継はYouTube Liveのほか、J:COMが提供する地域情報アプリ「ど・ろーかる」※1でもライブ配信を行うため、全国どこからでもタブレットやスマートフォンでお楽しみいただけます。
また、今年は「ど・ろーかる」の投稿機能を活かし、事前に参加ランナーの意気込みを募集します。※2

J:COM 札幌は、これからも地域密着の地元メディアとして、地域情報の発信と地域の活性化に貢献してまいります。


※1地域情報アプリ「ど・ろーかる」は無料です。(通信料はお客様のご負担となります)
※2動画投稿の受付期間は9/3(月)~9/30(日)となります。地域情報アプリ「ど・ろーかる」の投稿からご参加いただけます。(投稿にはTwitterアカウントが必要です)



<特別番組概要>
◆番組タイトル
特別番組『第43回札幌マラソン~スタート&フィニッシュ地点から生中継~』

◆放送日時
【生中継】10月7日(日) 8:45~14:00
【再放送】※生中継当日に午前の部の一部を再放送します。
10月7日(日)18:00~21:00

【ダイジェスト版】※生中継の模様を60分のダイジェスト版で放送します。
10月20日(土)18:00~、10月22日(月)19:00~
10月26日(金)21:00~、10月27日(土)22:00~ ほか

◆番組HP
https://c.myjcom.jp/jch/p/sapporo_marathon/index.html

◆放送チャンネル
J:COMチャンネル札幌 (地デジ11ch)

◆視聴可能世帯数
札幌市、北広島市の一部。
視聴可能世帯約531,200世帯(2018年7月末現在)
※J:COM対応済みの建物にお住まいであればどなたでも無料でご視聴可能です。

◆大会ホームページ
http://satumara.shsf.jp/

 

<配信概要>
◆配信日時
2018年10月7日(日) 8 :45~14 :00(予定)
※大会の運営状況により、配信時間が変更となる場合がありますので、ご了承ください。

◆配信サイト・アプリ
【YouTubeLive】
大会公式ホームページ(http://satumara.shsf.jp/)からアクセスできます。

【地域情報アプリ「ど・ろーかる」】
Android 「Google Play ストア」 / iPhone  「App Store」にて
「ど・ろーかる」で検索
《アプリ詳細、インストールはこちら》
http://c.myjcom.jp/rd/dolocal.html?cid=my_dolocal-004

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. J:COM >
  3. スタート&フィニッッシュ地点からランナーたちの姿をお届け「第43回札幌マラソン」を10月7日(日) 「J:COMチャンネル札幌」で生中継!