日本初!『しましまぐるぐる』の有料インドアプレイグラウンド「しまぐるランド」ららぽーと堺に2022年11月オープン!

株式会社バンダイナムコアミューズメント(本社:東京都港区/社長:川﨑寛)の子会社である株式会社プレジャーキャスト(本社:東京都港区/社長:飯山正義)は、乳幼児に圧倒的人気を誇る、学研の赤ちゃん絵本『しましまぐるぐる』シリーズをテーマにした、未就学児向けの有料インドアプレイグラウンド「しまぐるランド」を、2022年11月に、「ららぽーと堺」(大阪府堺市美原区3階)にオープンします。

「しまぐるランド」公式サイト【URL】 https://www.pleasurecast.co.jp/shimaguruland/

当施設は、赤ちゃん絵本 『しましまぐるぐる』 の日本初のテーマ型常設インドアプレイグラウンド施設(有料)です。絵本に登場する赤ちゃんが夢中になる「配色」と「デザイン」をモチーフにした遊びやおもちゃ、フォトスポットなどで、赤ちゃん絵本 『しましまぐるぐる』 の世界観を親子で存分にお楽しみいただけます。
営業時間や利用料金などの詳細は後日発表します。

 

◆赤ちゃん絵本売上No.1『しましまぐるぐる』 とは
※2016年~2021年、6年連続丸善ジュンク堂 赤ちゃん認識絵本売上ランキング1位獲得

0歳からのはじめて絵本『しましまぐるぐる』シリーズは、
280万人の赤ちゃんを笑顔にしたベストセラー絵本です。

 

赤ちゃんが夢中になる「配色」と「デザイン」
●「黒」「白」「赤」などの鮮やかでコントラストが強い配色
●「しましま」柄、「ぐるぐる」柄などのくり返しの模様
●目と口がある「かお」

生後6か月未満のまだ視力が発達していない赤ちゃんでも、これらに注目すると言われています。『しましまぐるぐる』の制作にあたり、実際に赤ちゃんに何度もイラストを見せて、赤ちゃんの反応がしっかりある色・デザインの絵本にしました。

安心・安全にこだわった製本
しっかりした厚紙に耐水コーティングを施し、本の扱いを知らない赤ちゃんにも安全で丈夫で長く楽しめる絵本です。ヨダレで濡れても、たたいたりひっぱったりしても、破れにくくなっています。しかけ穴は手作業で紙の断面をつぶしてなめらかにしてあります。

誕生のきっかけは、ママ編集者の切実な想い
企画した編集者は、双子の男の子のママ。出産して育児の大変さを身をもって知り、「0歳の赤ちゃんが泣き止んで笑顔になる絵本を作りたい!」と考えた事が『しましまぐるぐる』誕生のきっかけです。

世界中で愛されています
アメリカ・カナダなどの北米、中国・台湾・韓国・シンガポールなどのアジアで、翻訳出版しています。
北米の英語翻訳版は、“親が子どもに与えるべき良質な商品に与えられる”北米の権威ある賞「ナショナル・ペアレンティング・プロダクト・アワーズ」を受賞しました。


『しましまぐるぐる』公式ポータルサイト【URLhttps://gakken-ep.jp/extra/shimashimaguruguru/

※当社では新型コロナウイルス感染症対策を行っています。詳しくはプレジャーキャスト公式サイトをご覧ください。
https://www.pleasurecast.co.jp/company/info20210423.html


※ニュースリリースの情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。※画像はイメージです。
©Akio Kashiwara / Gakken
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バンダイナムコアミューズメント >
  3. 日本初!『しましまぐるぐる』の有料インドアプレイグラウンド「しまぐるランド」ららぽーと堺に2022年11月オープン!