産業用マシンビジョン市場ーコンポーネント別(ハードウェアおよびソフトウェア)、製品別、アプリケーション別、エンドユーザー別および地域別ーグローバル予測2030年

SDKI Inc.が「産業用マシンビジョン市場ーグローバル予測2030年」の新調査レポートを2021年07月27日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-109170

産業用マシンビジョン市場は、2022年に106.1億米ドルの市場価値から、2030年までに177.3億米ドルに達すると推定され、予測期間中に7.61%のCAGRで成長すると予想されています。

視覚誘導ロボットシステムの需要の増加、および3Dマシンビジョンシステムの採用の増加は、産業用マシンビジョン市場の成長に重要な役割を果たしています。さらに、インダストリー4.0とAIの採用の拡大は、産業用マシンビジョン市場に大きな成長の機会を生み出す可能性があります。また、品質検査と自動化の必要性の高まりも市場の成長に貢献しています。さらに、食品と包装業界での検査の必要性の高まり、およびAI関連技術を後押しする政府のイニシアチブの増加も、産業用マシンビジョンに対する大きな需要を生み出しており、こお市場の成長を押し上げると予想されます。

しかし、産業用マシンビジョンアプリケーションに関するエンドユーザーの変化する要件、および柔軟なマシンビジョンソリューションの欠如は、産業用マシンビジョン市場の成長を抑制している要因です。

VR / AR(仮想現実/拡張現実)人工知能(AI)、5G、IoT、クラウドコンピューティングなどの技術的進歩の高まりは、市場の成長を推進している注目すべき要因です。国連貿易開発会議(UNCTAD)によると、世界で84億のIoTデバイスがあり、IoT市場は2018年に1,300億米ドルを占めており、2025年までに1.5兆米ドルを獲得すると推定されています。また、2019年の世界のICT輸出(総輸出に占める割合)は11.536であり、米国が8.7%を占めており、日本が8%の割合でそれに続きました。さらに、世界のアクティブなインターネットユーザーの増加は、世界人口の約60%に達しており、市場の成長をさらに促進しています。2020年12月末までに、世界中のアクティブなインターネットユーザーの総数は約43億人になりました。これらの要因は、さらに、市場のプレーヤーに有利なビジネス機会を生み出すと予測されており、今後数年間で市場の成長を後押しするとさらに予想されます。

市場セグメント

産業用マシンビジョン市場は、コンポーネント別(ハードウェア(カメラ、フレームグラバー、光学、プロセッサー)、およびソフトウェア(ディープラーニング、およびアプリケーション固有))、製品別(PCベース、およびスマートカメラベース)、アプリケーション別(品質保証と検査、ポジショニングとガイダンス、測定、識別、予知保全)、エンドユーザー別および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

アプリケーションに基づいて、品質保証と検査セグメントは、予測期間中に最大の市場規模を保持すると予想されます。

業界は、製造プロセスにおける品質保証の重要性を認識しており、その結果、マシンビジョンが長期的な自動化開発プロセスの不可欠な部分として広く受け入れられるようになりました。自動化された生産プロセス全体でマシンビジョンを使用すると、製造プロセスの問題を短期間で特定するのに役立ちます。これにより、コストの削減と応答時間の改善に役立ちます。高品質の製品に対する需要の高まり、製造能力の向上、および熟練労働者の不足が、このセグメントの成長に貢献しています。

地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域の市場は最も急成長している市場であると予想されます。アジア太平洋地域の市場は、インド、中国、日本、韓国、およびその他のアジア太平洋地域に分かれています。アジア太平洋地域は、産業用マシンビジョン市場に大幅な成長機会を提供することが期待されています。これは、この地域はほとんどの産業の製造ハブと見なされているためです。中国は、産業用マシンビジョンシステムを含むすべての新興技術の潜在的な市場です。さらに、エレクトロニクスと半導体は、アジア太平洋地域の市場の成長に貢献している主要産業の1つでもあります。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
市場の主要なキープレーヤー

産業用マシンビジョン市場の主要なキープレーヤーには、Cognex(米国)、Basler(ドイツ)、OMRON(日本)、KEYENCE Corporation(日本)、National Instruments(米国)、Sony(日本)、Teledyne Technologies(米国)、Texas Instruments(米国)、Intel(米国)、Baumer Optronic(ドイツ)、Tordivel(ノルウェー)、ISRA VISION(ドイツ)、MVTec Software(ドイツ)、SICK(ドイツ)、JAI A / S(デンマーク)などがあります。この調査には、産業用マシンビジョン市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/industrial-machine-vision-market/109170

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 産業用マシンビジョン市場ーコンポーネント別(ハードウェアおよびソフトウェア)、製品別、アプリケーション別、エンドユーザー別および地域別ーグローバル予測2030年