米国産炭酸リチウムの日本・韓国・中国向け販売代理店契約締結について

住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:兵頭誠之、以下「住友商事」)は、US MAGNESIUM LLC(ユーエス・マグネシウム、本社:米国ユタ州、以下「US MAG社」)の製品である金属マグネシウムの製造工程で発生する残渣から抽出された炭酸リチウムの日本・韓国・中国向けの販売代理店契約を締結しました。2020年8月から販売を開始する予定です。
炭酸リチウムは、自動車のバッテリーやノートパソコンなどのモバイル電源として欠かせないリチウムイオン電池の原料です。また、耐熱ガラス用添加剤をはじめ産業用途としても底堅い需要があります。さらにハイブリッド車や電気自動車向けの需要拡大が見込まれる中、国内で必要となる炭酸リチウムは、ほぼ全量を輸入に頼っており、今後の長期的な安定確保が重要となっています。

US MAG社は世界最大級の金属マグネシウム製造・販売会社です。US MAG社の金属マグネシウム製造工程で発生する残渣にはリチウムが高濃度で含有されており、残渣を精製することで今後20年以上にわたり炭酸リチウムの製造・供給が可能です。なお、商業プラントは2020年6月に完工しており、7月から量産を開始しました。US MAG社の炭酸リチウムは、残渣を再利用して製造することから、環境負荷が低く、コスト競争力が高いことが特徴です。

住友商事は、US MAG社と電極の取引で20年にわたり関係を築いています。今後、年間約1万トンの炭酸リチウムの販売を予定しており、リチウムイオン電池向けならびにセラミック、ガラス関連産業向けへの販売を目指していきます。住友商事は、炭酸リチウムの安定供給とクリーンエネルギーによる社会構築に貢献します。


【会社概要】
会社名    : US MAGNESIUM LLC(ユーエス・マグネシウム)
所在地    : 米国 ユタ州 ソルトレイクシティ
代表者    : Ron Thayer
設立       : 1972年
主要製品 : 金属マグネシウム、塩素誘導体、その他塩化物
               炭酸リチウム(2020年7月から商業生産開始)

 
【参考資料】
■US MAG社の商業プラント(写真手前)および高濃度の塩化リチウムを含んだ残渣(写真奥)


■US MAG社のソーラーポンド(写真手前)およびグレートソルト湖(写真奥)



■住友商事のマテリアリティ(重要課題)
住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図っていきます。本事業は、特に「地球環境との共生」と「地域と産業の発展への貢献」とに資する事業です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 住友商事株式会社 >
  3. 米国産炭酸リチウムの日本・韓国・中国向け販売代理店契約締結について