「プラットホームと車両床面の段差・隙間」に関する情報を公表します

3月30日(月)から東京メトロホームページ上で公表

 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)では、車いす等をご利用のお客様のより円滑な乗降を目指し、プラットホームと車両床面の段差・隙間の縮小の整備状況について東京メトロホームページにおいて、2020年3月30日(月)から公表します。

 東京メトロでは、2019年8月に国土交通省より示された車いす等のお客様が乗降しやすい段差と隙間の目安値(以下「目安値」)を踏まえ、整備を進めております。
 今回、お客様の利便性向上を目的に、上記の目安値を満たす乗降口についてホームページ上で公表します。
 
 今後も東京メトロは、お客様により快適に地下鉄をご利用いただけるよう、取組みを進めてまいります。

 

 

                                      ホームページ公表イメージ(丸ノ内線)



           プラットホームと車両床面の段差・隙間の情報提供に関する概要

1 公表日
 2020年3月30日(月)~

2 情報掲載場所
 東京メトロホームページ(URL:https://www.tokyometro.jp/index.html

3 掲載内容
 プラットホームと車両床面の段差・隙間の整備状況については、目安値を満たしている車両乗降口を駅毎にご確認いただけます。
【対象駅】
 銀座線、丸ノ内線、千代田線の全駅及び東京2020大会会場最寄り駅等    
       プラットホームと車両乗降口の段差・隙間に関する情報イメージ(丸ノ内線)

4 段差・隙間縮小の整備状況
 段差・隙間縮小の整備については、プラットホームの嵩上げ、車両床面の低床化、プラットホーム先端部へのくし状ゴムの整備を行うことでプラットホームと車両床面の段差・隙間の縮小を進めています。整備予定駅等の詳細は、参考資料をご覧ください。   

 

       【ホーム嵩上げ整備状況】              【くし状ゴム整備状況】

      


参 考

             プラットホームと車両床面の段差・隙間の縮小 概要 
1 概要
 銀座線・丸ノ内線・千代田線の全駅及び東京2020大会会場最寄り駅において各車両の車いすスペース・フリースペースの停車する扉の一部(各プラットホーム1箇所以上)におけるプラットホーム嵩上げ(スロープ設置含む)及びくし状ゴムを設置することにより、可能な限りプラットホームと車両床面の段差・隙間の縮小を進めております。

2 整備予定駅
 ホーム嵩上げ(スロープ設置含む)及びくし状ゴムの設置を2020年6月までに7路線計78駅で整備予定です。

   ※現在は会場最寄り駅から除外

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京メトロ >
  3. 「プラットホームと車両床面の段差・隙間」に関する情報を公表します