ブルガリを纏ったセレブリティが第77回ベネチア国際映画祭、映画「The World to Come(原題)」のプレミアに登場

2020年9月6日-第77回ベネチア国際映画祭にて開催された映画「The World to Come(原題)」のプレミアにブルガリを纏ったアンナ・フォリエッタ、キャサリン・ウォーターストン、ナタリー・オスマンが登場しました。
イタリアの女優であり、同映画祭のオフィシャルホストを務めたアンナ・フォリエッタは、ホワイトゴールドに オニキス、ダイヤモンドをあしらったイヤリング、プラチナにサファイア、ダイヤモンドをあしらったリングを纏いました。イギリス出身でアメリカの女優であるキャサリン・ウォーターストンはホワイトゴールドにエメラルド、ダイヤモンドをあしらったイヤリングを着用しました。ナタリー・オスマンは約80カラットの総ダイヤモンドのネックレスに、ブルガリのアイコン「ディーヴァ ドリーム」のサファイア、ダイヤモンドをあしらったイヤリングをあわせました。

 

 

Credit_Getty ImagesCredit_Getty Images

Credit_Getty ImagesCredit_Getty Images

アンナ・フォリエッタ

Credit_Getty ImagesCredit_Getty Images

キャサリン・ウォーターストン

Credit_Getty ImagesCredit_Getty Images

ナタリー・オスマン

お問い合わせ先:ブルガリ ジャパン 03-6362-0100  https://www.bulgari.com/ja-jp/ 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブルガリ ジャパン株式会社 >
  3. ブルガリを纏ったセレブリティが第77回ベネチア国際映画祭、映画「The World to Come(原題)」のプレミアに登場