スマートビーコン市場ービーコン標準別(iBeacon、Eddystone)、接続タイプ別、オファリング別、最終用途別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.が「スマートビーコン市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年07月28日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-109137

スマートビーコン市場は、2022年に8,117.2百万米ドルの市場価値から、2030年までに184,152.7百万米ドルに達すると推定され、予測期間中に56.2%のCAGRで成長すると予想されています。

現在の人口動態の傾向(主に小売業界で)を分析するために使用できる空間データのニーズの高まりが、市場の成長を後押ししています。さらに、アジア太平洋地域でのスマートフォンの採用は、スマートビーコン市場の成長に貢献しています。また、スマートデバイスの需要と採用の増加、およびスマートシティの概念は、世界のスマートビーコン市場の主要な推進要因になると予想されます。この成長は、インターネットの普及と世界中での顧客支出の増加によってさらに支援されることが期待されています。リアルタイム追跡機能などのスマートビーコンの高度な機能により、運輸およびロジスティクス業界からのスマートビーコンの需要の増加も、予測期間中にスマートビーコンの需要と採用を後押しすると予想されます。

しかし、セキュリティとプライバシーの懸念、および基盤となるBLEテクノロジの制限による制限されたセンシング機能は、市場の成長を抑制する可能性があります。

市場セグメント

スマートビーコン市場は、ビーコン標準別(iBeacon、Eddystone)、接続タイプ別(ブルートゥース低エネルギー(BLE)、ハイブリッド)、オファリング別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、最終用途別(小売、輸送・ロジスティクス、公共の集まりとスペース)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

輸送・ロジスティクスセグメントは、2022ー2030年の間に最大なCAGRで成長すると予想されています。

最終用途に基づいて、輸送・ロジスティクスセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。これは、時間とコストを節約し、資産をリアルタイムで追跡するスマートビーコンの機能に起因する可能性があります。これらは、エンドユーザーに競争上の優位性を提供します。

Eddystoneセグメントは、2022ー2030年の間に大幅な成長が見込まれています。

ビーコン標準に基づいて、Eddystoneセグメントは、予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予想されます。この成長は、iBeaconに拡張機能を提供しており、Bluetooth接続信号の一部として4つのパケットを送信するためです。Googleは2015年にオープンプロトコルとしてEddystoneを立ち上げており、それ以来、スマートビーコン市場でかなり採用されています。これはAndroidユーザー向けに特別に開発されていますが、非常に具体的なユーザー向けアプリを強化するための相互運用機能を備えています。

地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。ヨーロッパは予測期間中にスマートビーコン市場の最大のシェアを保持する予定です。この成長は、ビーコンテクノロジーの高い牽引力と、エンドユーザーがそれぞれの市場でシェアを獲得するための技術的に高度なマーケティングプラットフォームの必要性が高まっていることに起因しています。さらに、ヨーロッパはこのテクノロジーを早期に採用しており、この地域の顧客はこのテクノロジーをシームレスに受け入れています。一方、APACは、中国とオーストラリアでビーコン技術の牽引力が高まっているため、大幅な成長が見込まれています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
市場の主要なキープレーヤー

スマートビーコン市場の主要なキープレーヤーには、Estimote(米国)、Aruba(A Hewlett Packard Enterprise Company)(米国)、Kontakt.io(ポーランド)、Cisco(米国)、Bluvision(HID Global Company)(米国)、Onyx Beacon(ルーマニア)、Leantegra(米国) 、Gimbal(米国)、Accent Systems(スペイン)、Swirl Networks(米国)、Sensoro(米国)、JAALEE Technology(中国)、Beaconinside(ドイツ)、Blesh(米国)、BlueUp(イタリア)などがあります。この調査には、スマートビーコン市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/smart-beacon-market/109137

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. スマートビーコン市場ービーコン標準別(iBeacon、Eddystone)、接続タイプ別、オファリング別、最終用途別、および地域別ー世界的な予測2030年