プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社J-WAVE
会社概要

バドワイザー×SPINEARによるブランデッドポッドキャスト番組!tofubeatsやAKLO、コムアイら現代のKINGたちがその生き様を語るリレートーク番組『BE A KING』配信開始!

J-WAVE(81.3FM)

J-WAVE(81.3FM)のインターネットオーディオ事業を担うJAVEによるデジタル音声コンテンツ配信サービス「SPINEAR」は、カルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CONNECT」を展開するバドワイザーと、シーンで活躍する様々なアーティストやクリエイターにフォーカスしたブランデッドポッドキャスト番組『BE A KING presented by Budweiser』の配信を開始しました。

番組では、2020年現在における『KING=理想の自分』とは何かをテーマに、各界で活躍する気鋭のクリエイターが、別のジャンルのクリエイターにインタビューする形式を採用。
各回2名の出演者が登場し、一方が一方に1問1答形式で質問。彼らのクリエイティビティの源泉や思考法、社会に対する想いを発信してもらう中で、「あなたにとってのKING(理想の自分)とは?」を全回共通の質問として設定。『KING=理想の自分』についての唯一無二の考えを定義してもらいます。
出演者は、tofubeatsやAKLO、GUCCIMAZE、コムアイ、荘子it(Dos Monos)、Licaxxxなどを予定。
全12回の番組を通して、2020年現在の多様な『KING』像を浮き上がらせ、リスナーが『KING=理想の自分』を考える機会となることも目指します。バドワイザー社のブランデッドコンテンツとして、15分番組を毎週公開していきます。

当コンテンツはSPINEARおよびApple Podcasts、Google Podcasts、Spotifyなどの主要なリスニングサービスにおいて聴取可能です。
SPINEAR【 https://spinear.com/

【番組概要】
番組名 :  BE A KING presented by Budweiser
配信開始日 : 2020年9月9日(水)※vol.2以降、毎週月曜更新
配信時間 : 約15分/1回(全12回)
配信チャンネル :
SPINEAR( https://spinear.com/shows/be-a-king
Apple Podcasts( https://podcasts.apple.com/jp/podcast/be-a-king-presented-by-budweiser/id1531048752
Spotify( https://open.spotify.com/show/5RMub80fojGMGimdwhzHkT )ほか 配信プラットフォーム
出演予定 : tofubeats、AKLO、GUCCIMAZE、コムアイ、荘子it(Dos Monos)、Licaxxxほか


【Vol.1 tofubeats → AKLO】

質問者:tofubeats
1990年生まれ神戸出身。中学時代から音楽活動を開始し、高校3年生の時に国内最大のテクノイベントWIREに史上最年少で出演する。その後、「水星feat.オノマトペ大臣」がiTunes Storeシングル総合チャートで1位を獲得。メジャーデビュー以降は、森高千里、の子(神聖かまってちゃん)、藤井隆ら人気アーティストと 数々のコラボを行い注目を集め、4枚のアルバムをリリース。
テレビ東京系ドラマ「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」や映画『寝ても覚めても』の主題歌・劇伴を担当するなど活躍の場を広げ多方面で注目されている。
2020年は3月27日にデジタルミニアルバム「TBEP」を発表。8月にはシカゴハウスの名門レーベル〈DJ INTERNATIONAL〉のTC Crewに所属するTyree Cooperのカバー楽曲「I CAN’T DO IT ALONE」をデジタルリリース。9月4日には「RUN REMIXES」を発表する。

回答者:AKLO
東京生まれメキシコシティー育ち、日本人の母親とメキシコ人の父親を持つハーフ・メキシカン。
2012年にリリースしたデビュー作"THE PACKAGE"はiTunes 総合チャートで初登場1位を獲得。その年のiTunes"ベスト・ニュー・アーティスト"への選出やシングル曲"Red Pill"がMTV VMAJにノミネートされるなど、各メディアで高い評価を集め、一躍、注目アーティストとなる。2013年にはNIKE "AIR FORCE ONE" 30周年オフィシャル・アニバーサリー・ソング "Future One" を発表。2014年のフジロックでは、Damon Albarnのステージへサプライズ・ゲストとして出演。Gorillaz名義での代表曲”Clint Eastwood”でラップパートをグリーン・ステージで披露し話題を集める。2014年、2年振りとなる待望の2nd ALBUM "The Arrival" をリリース。iTunes Best of 2014ではヒップホップ / ラップ部門で年間最優秀アルバムを受賞。シングル曲”RGTO”はMTV VMAJやSSTV MVAにノミネートされ、YouTubeでは現在までに1700万回再生以上を記録するなど、自身の代表曲となる。2016年 3rd ALBUM”Outside the Frame”を発表。2017年にはドラマ主題歌タイアップ曲となった”Different Man”を収録したAKLOxJAY'ED名義でのコラボ作品『Sorry…come back later』をリリース。2018年、2度目となるドラマ主題歌にして2年ぶりとなる新曲”Dirty Work”を発表。2018年夏にはZORNとのツーマンツアー『A to Z TOUR 2018』を開催する。2019 AKLO + NORIKIYO アルバム『New Drug』を発表。2019 4th アルバム『REGULAR』を自身のレーベルStudio Aから発表。 


【Vol.2 AKLO → GUCCIMAZE】
質問者:AKLO
 

回答者:GUCCIMAZE
1989年、神奈川県生まれ。武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科卒。デザイン制作会社勤務を経て、2018年独立。東京を拠点に国内外へアートワークを発信し、数々のアーティストやブランドとのコラボレーションを展開している。鋭さと硬質さを感じる立体的なフォルムのタイポグラフィ、鮮やかでありながら毒々しさが漂う配色といった、独自のスタイルでグラフィック作品を制作。
またグラフィックデザイナーとして、ブランドロゴやエディトリアルデザイン、ウェブサイトなどのデザイン制作も手掛けている。主な作品に、Fetty Wap、Post Maloneへのグラフィック提供、USラッパーのNicki Minajのアルバムのジャケット制作、
Flying Lotusのアルバムタイトルロゴ制作等がある。またRed Bullの#RedBullCanArtコンペティションの審査員を務めるほか、Budweiserのイベントビジュアル、Adidasのプロモーションビジュアル制作など、グローバル企業とのコラボレーションを実現。媒体を問わず、音楽やファッションのカルチャーシーンを巻き込んだクリエイションを行っている。 


【Vol.3 GUCCIMAZE → コムアイ】
質問者:GUCCIMAZE
 

回答者:コムアイ
歌手・アーティスト。1992年生まれ、神奈川育ち。ホームパーティで音楽活動の勧誘を受け歌い始める。「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻り、その土地や人々と呼応しながらライブパフォーマンスを創り上げている。
好きな食べ物は南インド料理。趣味は世界各地に受け継がれる祭祀や儀礼を見学すること、唄や踊りを習うこと。
音楽活動の他にも、モデルや役者、ナレーターなど、様々なジャンルで活動している。
2019年4月に屋久島からインスピレーションを汲み上げながらプロデューサーにオオルタイチを迎えて制作したEP「YAKUSHIMA TREASURE」をリリース。同名のプロジェクト「YAKUSHIMA TREASURE」のワンマンライブ映像がYouTubeにて公開中! https://youtu.be/1WebgKhK9Ko

 

■SPINEARとは
SPINEARは、J-WAVEのインターネットオーディオ事業を担うJAVE(ジェイブ)による完全無料のデジタル音声コンテンツ配信サービスです。世界中の音声ドラマ、ドキュメンタリー、コメディー、ニュース、そしてSPINEARが独自に制作したオリジナル音声コンテンツを提供していきます。SPINEARが配信する音声コンテンツは、SPINEARおよびApple Podcasts、Google Podcasts、Spotifyなどの主要なリスニングサービスにおいて聴取可能です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
音楽アート・カルチャー
関連リンク
https://www.j-wave.co.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社J-WAVE

161フォロワー

RSS
URL
https://www.j-wave.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー33階
電話番号
03-6832-1111
代表者名
中岡壮生
上場
未上場
資本金
20億円
設立
1987年12月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード