マンダム、福崎⼯場敷地内に新⽣産棟を竣⼯

〜⼯場全体を⼀体化させ、⽣産性を⾼めた、ひと・環境にやさしい新⼯場〜

株式会社マンダム(本社:⼤阪市 社⻑執⾏役員:⻄村健 以下マンダム)は兵庫県神崎郡の福崎⼯場敷地内に新⽣産棟を建設、⼯場全体を⼀体化し、2021年9⽉16⽇に竣⼯しました。
⾃動化や少⼈化を更に進め、安⼼・安全・⽣産性の向上を図るとともに、環境負荷の低減や化粧品⼯場としての魅⼒も兼ね備え、また、フレキシブルな⽣産体制が敷ける設計により、⽣活者の変動する需要にも対応致します。今後も福崎⼯場は、新たな⽣産体制で継続してグループのイノベーションセンターとして変⾰・挑戦を⾏ってまいります。

  • 新⼯場建設の背景
マンダムグループは、⽇本、インドネシア、中国の3拠点に⼯場を有し、国内唯⼀の⽣産拠点である福崎⼯場は、⽇本国内と海外向けの製品づくりだけでなく、海外⽣産拠点に対してグループをリードする技術⾰新や⼈材育成⽀援といったイノベーションセンターとしての役割も担っています。
当社創業100周年にあたる2027年のありたい姿「VISION2027」※1 の実現に向けた企業基盤整備のため、「ひと・環境にやさしく、未来を創造する⼯場」をコンセプトとして、2019年より新⽣産棟の建設を開始しました。
  • 新⼯場の特⻑

1.⼀棟完結型⼯場となり、効率的で⾼品質なモノづくりが可能に

 

従来の剤型別分散型の⼯場から全剤型集約型の⼯場へと⽣まれ変わることで、⼤幅な⾃動化やIoTの活⽤が可能になり、安全性・⽣産性の向上により効率的で⾼品質なモノづくり体制を確⽴しました。
例えば、無⼈搬送ロボットを導⼊し、⼈を介さずに次⼯程へ移送することにより、従業員の重筋作業を軽減し、⼈とロボットが協働でモノづくりをする現場を実現しました。また、既存棟とは連絡通路で接続し移動可能にしたことで、原材料搬⼊から製品が完成するまで⼈とモノが屋外に出ることがなくなり、従業員動線の削減に加えてクリーンな環境を維持し、品質向上に寄与できるようになりました。

  

2.太陽光パネルによる⾃家発電や重⼒を利⽤した中味移送により、環境負荷を低減

 

新⼯場屋上には太陽光パネル1,728枚を設置し、晴天時において最⼤500kWの電⼒⾃家発電が実現しました。新⼯場⽣産エリアの構造は、製造⼯程で上層階から下層階へ重⼒を利⽤して中味を移送する省エネ設計にしています。更に移送距離を最短化することで中味ロス及び洗浄⽔量や使⽤電⼒の削減を実現し、環境負荷低減に寄与しています。

3.従業員が安全・安⼼に、快適に働ける環境整備に加え、魅⼒ある⼯場として来場者が楽しめる空間に
安全設備の強化に加え、リラックスできる休憩室やスタイリッシュな⾷堂など従業員が安⼼して快適に働ける職場環境を整備しました。また、⼯場に来られた⽅が、⽣産ラインの上部からモノづくり現場を臨場感をもって⾒学できる空間を設計しました。更に、清潔感や透明感のあふれる⼤きなガラス⾯の建屋で開放感のあるエントランス、プレゼンルームも完備し、魅⼒ある⼯場に⽣まれ変わりました。

 
  • 新⼯場の概要
名称 第5工場
所在地 兵庫県神崎郡福崎町高橋290-28(現福崎工場敷地内)
建築面積 8,753平方メートル(新生産棟&エントランス)
延床面積 24,293平方メートル(新生産棟&エントランス)
階数 地上5階建(一部吹き抜け)
生産品目 ワックス製品、チューブ製品、液体製品
投資額 146億円
着工時期 2019年2月
稼働開始 2020年9月(移設完了設備より随時)

 

  • 福崎⼯場全体の概要
竣工 1976年3月
敷地面積 71,058平方メートル
建築面積 31,517平方メートル
延床面積 57,731平方メートル
生産能力 年間約2.3億個(2017年度ベースで約1.6倍)

 

※1 「VISION2027」については、下記URLをご参照ください。
https://www.mandom.co.jp/ir/src/strategy.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)マンダム >
  3. マンダム、福崎⼯場敷地内に新⽣産棟を竣⼯