2020年6月6日(土)日比谷線虎ノ門ヒルズ駅開業

 UR都市機構(本社:横浜市中区/理事長:中島 正弘)と東京メトロ(本社:東京都台東区/代表取締役社長:山村 明義)は、2016年2月から整備を進めてきた東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」を、2020年6月6日(土)に開業します。
 新たな駅として誕生するものです。その整備にあたっては、「交通結節機能」の強化を周辺まちづくりと連携して進める必要があるため、駅整備と周辺まちづくりを一体的に進めるための事業調整を担うUR都市機構が事業主体となり、東京メトロが設計・工事受託者となって、両者の協力体制により整備を実施してまいりました。

 「虎ノ門ヒルズ駅」は、中目黒方面行きホームにつながる地下歩行者通路により、都心と臨海部を結ぶBRT(バス高速輸送システム)及び空港リムジンバスも発着可能なバスターミナルや、周辺再開発ビルに接続するとともに、銀座線虎ノ門駅との乗換えも可能となっており、「虎ノ門ヒルズ駅」の開業が虎ノ門地区における「交通結節機能」を一層向上させます。

 今回は、ホームのある地下1階に改札を設置して開業します。2023年には、地下2階に改札を移設し、隣接する再開発ビル内の駅広場ともつながり、駅とまちが一体となった空間を通じて地上と地下をスムーズに行き来できることとなります。

 引き続き、関係機関及び周辺再開発事業との連携・調整を図りながら、整備を進めてまいります。


<虎ノ門ヒルズ駅 概要>

1 駅構内立面図

注)相対式2面ホーム構造。ホーム間の連絡通路は、開業以降B2Fに整備予定

2 主な旅客設備

 
3 整備事業概要


 <交通結節機能の強化>
「虎ノ門ヒルズ駅」は、中目黒方面行きホームにつながる地下歩行者通路により、都心と臨海部を結ぶBRT(バス高速輸送システム)及び空港リムジンバスも発着可能なバスターミナルや、周辺再開発ビルに接続するとともに、銀座線虎ノ門駅との乗換えも可能となっており、「虎ノ門ヒルズ駅」の開業が虎ノ門地区における交通結節機能を一層向上させます。


<日比谷線ナンバリングの変更>
「虎ノ門ヒルズ駅」の開業に伴い、当駅から北千住方面の駅ナンバリングを変更いたします。


<日比谷線ダイヤ改正について>
2020年6月6日(土)から平日、土曜日・休日ダイヤにおいてダイヤ改正を実施いたします。
なお、ダイヤ改正の詳細につきましては、2020年5月11日(月)付けの東京メトロニュースリリース(https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews200511_39.pdf)をご確認ください。

<参考 再開発ビルとの接続について>
「虎ノ門ヒルズ駅」は、地下2階のコンコースと両側に隣接する再開発事業で整備される駅広場とがつながり、より快適で利用しやすい駅となる予定です。
 
再開発ビルとの接続時イメージパース(神谷町方から霞ケ関方を望む)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京メトロ >
  3. 2020年6月6日(土)日比谷線虎ノ門ヒルズ駅開業