ドキュメント管理システム市場ーオファリング別(ソリューション、サービス)、展開モード別、組織別、アプリケーション別、および地域別ーグローバル予測2030年

SDKI Inc.は、「ドキュメント管理システム市場ーグローバル予測2030年」新レポートを2021年07月28日に発刊しました。この調査には、ドキュメント管理システム市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-109093

ドキュメント管理システム市場は、2022年に54.8億米ドルの市場価値から、2030年までに115.0億米ドルに達すると推定され、予測期間中に11.17%のCAGRで成長すると予想されています。

この市場の成長は、主に、事業運営を合理化する必要性の高まり、および企業全体でコンテンツをデジタル化することの利点などの要因に起因する可能性があります。             さらに、コンプライアンス要件を順守する必要性が高まり、およびクラウドベースのサービスとクラウドコンピューティングの採用が増えることも市場の成長に貢献しています。大規模なデータベースを管理するためのビッグデータ分析の需要の増加、および業界間のデジタル化の増加は、市場の成長を促進すると予想されます。さらに、顧客の記録とアカウントを維持し、不正なファイルアクセスを制御するための銀行セクターのドキュメント管理システムに関する意識の高まりは、市場の成長を後押しすることが期待されています。さまざまな業界でドキュメント管理システムの採用が増えると、予測期間中にソリューションプロバイダーに収益機会が生まれると予想されます。

しかし、高い導入コストは採用を制限すると予想されており、それが市場の成長を制限する可能性があります。

市場セグメント

ドキュメント管理システム市場は、オファリング別(ソリューション、サービス)、展開モード別(オンプレミス、クラウドベース、およびハイブリッド)、組織別(中小企業、大企業)、アプリケーション別(BFSI、政府、教育、ヘルスケア、企業、工業製造、小売、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

オファリングに基づいて、ソリューションセグメントは予測期間中に最大のシェアを保持すると予想されます。

ソリューションセグメントは、主にビジネスプロセスと運用の合理化に役立つソリューションの需要の高まりにより、より大きなシェアを占めると予想されます。ドキュメント管理ソリューションは、ドキュメント管理システムをリアルタイムデータと統合するのに役立ちます。これは、ドキュメントで行われた変更を追跡しており、同じドキュメントの異なるバージョンを保存するのに役立ちます。したがって、ソリューションは、電子ドキュメントを保存するための安全な場所を提供しており、必要なときにいつでもドキュメントの特定のバージョンをすばやく取得できるようにインデックスを作成するのに役立ちます。

展開モデルにより、ハイブリッドセグメントは予測期間中に最高の成長を記録すると予想されます。

ハイブリッドセグメントは、柔軟性の向上、技術的制御、セキュリティの強化、コンプライアンス要件の順守など、これらのモデルの使用に関連する利点により、最も急速に成長しているセグメントであると推定されています。これらのモデルにより、企業はセキュリティを損なうことなくミッションクリティカルなデータをプライベートクラウドに移動し、機密性の低いデータをパブリッククラウドに移動できます。

地域概要

ドキュメント管理システム市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、予測期間中にドキュメント管理システム市場を支配すると予想されます。北米は、ドキュメント管理ソリューションの採用率が高いことにより成長しています。費用効果が高く効率的なビジネスプロセスソリューションに対する需要の高まりは、この地域のドキュメント管理システム市場の成長の牽引すると予想されます。北米の市場は、高いインフラストラクチャコストと厳格なポリシーおよび規制の枠組みによっても特徴付けられます。IBM(米国)、Microsoft(米国)、EMC(米国)、Hyland Software(米国)などの企業は、収益の大部分が北米市場からのものです。

市場の主要なキープレーヤー

ドキュメント管理システム市場の主要なキープレーヤーには、OpenText Corporation(カナダ)、Xerox Corporation(米国)、Canon Inc.(日本)、Ricoh Company Ltd.(日本)、IBM Corporation(米国)、eFileCabinet Inc.(米国)、SpringCM(米国)、Oracle Corporation(米国) 、Alfresco Software Inc.(英国)、Hyland Software Inc.(米国)などがあります。この調査には、ドキュメント管理システム市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/document-management-systems-market/109093

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. ドキュメント管理システム市場ーオファリング別(ソリューション、サービス)、展開モード別、組織別、アプリケーション別、および地域別ーグローバル予測2030年